おとなの養生訓

おとなの養生訓 第161回「チャーハン」 血糖の上昇を緩やかに

2019年06月14日 07時00分

 お昼のメニューの定番として、中華屋さんでラーメンか、餃子定食か、チャーハンか、と迷うことがよくあります。こんなとき、チャーハンをお勧めしたいのです。もちろん、ラーメンだけで済まされるのであれば問題はありません。かといって、ラーメンだけでは腹持ちしないから、とお考えの方も多いのです。ラーメンにライスや餃子を付けてしまうと、これはもう食べ過ぎといえる状態です。餃子定食も餃子自体が皮によって意外とカロリーが多く、ご飯もすすむので、やはりオーバーカロリーになりやすいのです。

 これと比較して、チャーハンはカロリーが意外と少ないのに、腹持ちがいいというのが特徴なのです。有名な中華のチェーン店のチャーハンは、600から700㌔㌍程度です。これは通常のラーメンより100㌔㌍程度多いぐらいです。ラーメンライスでは1000㌔㌍近くになってしまいます。ちなみに市販の冷凍食品のチャーハンでも一人前で700㌔㌍程度です。

 そして、最近の医学研究から、同量の白飯とチャーハンを比べると、チャーハンの方が食後の血糖の上昇が緩やかになると指摘されています。チャーハンには肉のほか、卵、油が含まれていて、これらが、血糖の吸収を穏やかにして、それによって、インスリンというホルモンの上昇が抑えられます。

 これは吸収したエネルギーを脂肪に変換することが抑えられることを意味しています。とくに、卵はご飯に油が浸み込むことを防ぐ効果があるので、なるべく卵入りのチャーハンがお勧めです。

 つまり、太りにくいと言えるのです。太りたくなければ、白飯よりチャーハンを選べ、という訳です。しかしながら、ご飯の代わりとしてラーメンや餃子にチャーハンを合わせるのは、やはりオーバーカロリーです。半チャーハン(半量のチャーハン)でも、多めになることは覚悟してください。

 いろいろ具だくさんのチャーハンもありますが、チャーハンだけでは、という人には、野菜炒めやレバニラあたりを一緒に注文してはどうでしょう。この二つのメニューは糖分が非常に少ないので、チャーハンと合わせても、意外と糖分摂取が抑えられるのです。。

 脂っこいので、体重を気にする人に敬遠されがちのチャーハンですが、意外とすぐれものなのです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,865)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,553)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,014)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,634)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,416)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。