おとなの養生訓

おとなの養生訓 第168回「カロリーと肥満」 肉や魚を多く食べよう

2019年09月27日 09時00分

 体重を気にする人にとって、「カロリー」という言葉は、非常に気になると思います。でも、カロリーは具体的に何を示しているのか、理解している人は意外と少ないものです。結果として、カロリーについて誤解が生じているようです。

 そもそもカロリーは熱量の単位の名称です。水1㌘の温度を1度上昇させる熱量を、1㌍と定義しています。熱はエネルギーの一種なので、カロリーはエネルギーの単位でもあるわけです。

 食べ物に含まれている糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素は、体内で分解されてエネルギーを取り出すことができます。そこで、それぞれの栄養素で完全に分解された場合に生じるエネルギーを割り出して、カロリーで表現することができます。

 1㌘当たり、糖質で4・1㌔㌍、脂質で9・0㌔㌍、たんぱく質で4・2㌔㌍です。この値に基づいて、食べ物に含まれている栄養素の量を測って割り出したのが、食べ物のカロリーと呼ばれる数値です。実際用いられる単位はキロカロリー、つまりカロリーの1000倍であることに注意してください。

 しかし、この食べ物のカロリーは、すべてがエネルギーとして使われるわけではありません。特に、たんぱく質は、一旦アミノ酸に分解されてから吸収され、大半は再びタンパク質に合成され、体の構造の材料や酵素になります。また、脂質の一部は細胞を作る材料として利用されます。つまり、このように食べた栄養素の一部はエネルギー源として利用されないのです。

 一方、糖質はほとんどがエネルギー源として利用されます。そして、もし余剰の糖質があった場合は、脂質に変えられて皮下脂肪などとして貯められます。これが肥満の原因となるのです。つまり、同じカロリー量を摂取したとしても、たんぱく質が多く含まれている食べ物を選んだ場合、肥満になりにくいといえるのです。

 さらに、たんぱく質は体をつくる材料になるのですから、積極的にとることで体が丈夫になることが期待できるわけです。お肉やお魚をより多く食べれば、その分ごはんやパンを減らすことができ、より理想的なバランスになり、空腹を我慢しないで減量することが期待できるのです。お肉やお魚、もっと食べてもいいのですよ。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • イイファス
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,390)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,321)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,163)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,877)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,622)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。