おとなの養生訓

おとなの養生訓 第183回「ウイルスの弱点」 手洗いでコロナに勝つ

2020年05月15日 09時00分

 新型コロナウイルスなどのウイルスは、もともと非常に壊れやすいものです。もし壊れやすいものでなければ、空気中をいつまでも漂って、人々に根こそぎ感染して大流行します。もちろん、そんなウイルスは存在しません。実際、新型コロナウイルスは空気感染を起こしません。

 ウイルスを壊すものはさまざまあります。まず、熱です。ウイルスはタンパク質と遺伝子でできていますが、この2つの物質は熱に非常に弱いのです。100度になれば確実に破壊されてしまいます。だから煮たり焼いたりした食べ物にはウイルスはいないのです。さらに、強い酸性の状態でもウイルスは破壊されます。お酢はpH2・8と強力な酸性ですが、その中では一気に死滅します。

 また、ウイルスは紫外線に対して非常に弱いことも分かっています。日なたの壁や地面などにウイルスは全くいないのです。もちろん、晴れの日の空気中にもいません。

 乾燥に関しては、乾燥に強いウイルスが確かに存在します。有名なものは激しい下痢を引き起こすノロウイルスです。しかし、新型コロナウイルスは、乾燥に対しては、あまり強くないと考えられています。

 新型コロナウイルスは、さらに大きな弱点を持っています。それは、せっけんを代表とする界面活性剤に非常に弱いということです。界面活性剤は水の中に存在すると、脂の塊を細かく砕き、小さな粒子に丸め込んでしまいます。この仕組みで、油汚れは落ちるわけです。

 新型コロナウイルスは遺伝子を保護するために、脂の膜を持っています。界面活性剤がこの膜に触れると、膜を砕き、破壊します。そうすると遺伝子はむき出しとなり、遺伝子も傷み、ウイルスは死滅したことになります。この反応は瞬間的に起こります。代表的な界面活性剤であるせっけんやアルコールは、新型コロナウイルスを強力に死滅させることができるのです。

 という訳で、せっけんを使って手を洗うことは、一番効果的な感染防御法であると断言できます。もう3カ月以上も手洗いのキャンペーンが行われ、皆さんもその重要性はご存じと思いますが、キャンペーンが長期になり、手洗いに対する意識が少し弱くなっているように感じられます。せっけんの力、見直しましょう!

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,025)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,658)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,422)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,140)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,973)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。