おとなの養生訓

おとなの養生訓 第191回「じゃがいも」 バランス良く栄養補給

2020年09月11日 10時00分

 北海道の秋の味覚の一つに、じゃがいもがあげられます。もう少しすると出回る「新じゃが」を楽しみにしています。じゃがいもの料理法といえば、ふかしてバターを乗せるじゃがバターや、牛肉と甘辛く煮込んだ肉じゃがなどが代表でしょうか。

 もちろん、カレーやシチューの大事な具でもあります。コロッケはじゃがいもなしには成立しませんね。ファストフードでもじゃがいもは重要です。フライドポテトがないハンバーガーやフライドチキンは、何か決まりません。これは好みが分かれるようなのですが、じゃがいも入りの豚汁は、さといも入りのものより、味が濃くて、断然おいしいという偏見を私は持っています。

 お酒の友としても、じゃがいもは大活躍します。ポテトチップスはスナックの代表選手で、ビールやウイスキーによく合います。そして、隠れた人気者がポテトサラダです。ポテトサラダだけをつまみにして、日本酒をちびちびと楽しむ人が、意外と多いとか。一見、和洋折衷でバランスを欠く取り合わせにも見えるのですが、これが意外といけるのです。

 じゃがいもはでんぷんの塊、糖質の権化みたいなもので、食べると肥満に直結すると思われがちですが、案外そうではありません。同じ量のご飯と比較すると、含まれるエネルギー量(カロリー)は半分ぐらいなのです。お腹を満たすことができて低カロリーとくれば、食べない手はありません。さらに、糖質を効率よくエネルギーにするビタミンB群が豊富に含まれています。

 さらに、体を頑丈にし、血管の健康を保つビタミンCが、じゃがいもには豊富に含まれています。その量はミカンなどに匹敵します。ビタミンCは熱に弱いので、加熱する料理では失われると思われがちですが、じゃがいもの場合、豊富に含まれるでんぷんが、ビタミンCを熱から保護するので、煮込み、フライにしてもかなりの量のビタミンCが摂取できるのです。いいことずくめですね。

 お酒を楽しむとき、栄養のバランスに気を配る人は少ないとは思いますが、じゃがいもを食べるように心掛けると、意外といいバランスで栄養補給ができるのです。晩酌はポテトサラダのみと定めて、減量に成功した、医者である友人を知っています。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,017)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,639)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,410)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,112)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,971)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。