おとなの養生訓

おとなの養生訓 第192回「グリコーゲン」 デンプン摂取、体に貯蔵

2020年09月28日 09時00分

 グリコーゲンをご存じでしょうか。動物の筋肉や肝臓にためられている炭水化物のことです。一方、植物にためられている炭水化物をデンプンといいます。これはご存じでしょう。植物では、穀物やイモなどに含まれています。これらは将来の子孫の発芽や成長に必要なエネルギーをデンプンとしてあらかじめため込んでいるわけです。

 対してグリコーゲンは目的が異なります。肝臓のグリコーゲンは、動物が空腹になった時に、全身にエネルギー供給を行うことに備えてためられています。筋肉内のグリコーゲンは、空腹時に筋肉のエネルギー源として消費されます。筋肉は空腹時に肝臓のグリコーゲンの恩恵を受けられないので、筋肉のグリコーゲンは筋肉専用となっているのです。グリコーゲンは「動物のいも」と表現できる存在なのです。

 実は、グリコーゲンとデンプンは、全く同じ成分から作られます。それは、グルコース(ブドウ糖)です。グルコースは細胞のエネルギー源として基本的かつ効果的なものです。このグルコース分子が数千から数万個も鎖のようにつながったのが、グリコーゲンやデンプンです。

 グリコーゲンとデンプンの違いは、大きさとわずかなつながり方の違いといわれています。このとてつもなく大きな分子から、必要に応じてグルコースを取り出して利用したり、逆に、グルコースを付け加えて貯蔵したりするという仕組みです。

 グリコーゲンは動物の肝臓で初めて発見され、重要なエネルギー物質として注目されました。そして牡蠣(かき)に豊富に含まれていることが分かり、かきエキスは人を元気にするともてはやされました。そこで、子供たちのためにかきエキス入りのキャラメルが作られ、グリコーゲンにちなんで「グリコ」と名付けられたそうです。私たちの年代では、グリコと聞くと元気を連想します。

 体にグリコーゲンをためるためには、必ずしもグリコーゲンを食べなければならないわけではありません。デンプンを食べても、グルコースとして吸収され、肝臓や筋肉でグリコーゲンとしてためられます。

 つまり、適切な量のデンプンを食べれば、グリコーゲン不足にはなりません。元気をつけるためにご飯もう一杯!とすると、余計な分はグリコーゲンにはならず、脂肪になりますのでお気を付けて。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,824)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,533)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,269)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,166)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,080)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。