おとなの養生訓

おとなの養生訓 第192回「グリコーゲン」 デンプン摂取、体に貯蔵

2020年09月28日 09時00分

 グリコーゲンをご存じでしょうか。動物の筋肉や肝臓にためられている炭水化物のことです。一方、植物にためられている炭水化物をデンプンといいます。これはご存じでしょう。植物では、穀物やイモなどに含まれています。これらは将来の子孫の発芽や成長に必要なエネルギーをデンプンとしてあらかじめため込んでいるわけです。

 対してグリコーゲンは目的が異なります。肝臓のグリコーゲンは、動物が空腹になった時に、全身にエネルギー供給を行うことに備えてためられています。筋肉内のグリコーゲンは、空腹時に筋肉のエネルギー源として消費されます。筋肉は空腹時に肝臓のグリコーゲンの恩恵を受けられないので、筋肉のグリコーゲンは筋肉専用となっているのです。グリコーゲンは「動物のいも」と表現できる存在なのです。

 実は、グリコーゲンとデンプンは、全く同じ成分から作られます。それは、グルコース(ブドウ糖)です。グルコースは細胞のエネルギー源として基本的かつ効果的なものです。このグルコース分子が数千から数万個も鎖のようにつながったのが、グリコーゲンやデンプンです。

 グリコーゲンとデンプンの違いは、大きさとわずかなつながり方の違いといわれています。このとてつもなく大きな分子から、必要に応じてグルコースを取り出して利用したり、逆に、グルコースを付け加えて貯蔵したりするという仕組みです。

 グリコーゲンは動物の肝臓で初めて発見され、重要なエネルギー物質として注目されました。そして牡蠣(かき)に豊富に含まれていることが分かり、かきエキスは人を元気にするともてはやされました。そこで、子供たちのためにかきエキス入りのキャラメルが作られ、グリコーゲンにちなんで「グリコ」と名付けられたそうです。私たちの年代では、グリコと聞くと元気を連想します。

 体にグリコーゲンをためるためには、必ずしもグリコーゲンを食べなければならないわけではありません。デンプンを食べても、グルコースとして吸収され、肝臓や筋肉でグリコーゲンとしてためられます。

 つまり、適切な量のデンプンを食べれば、グリコーゲン不足にはなりません。元気をつけるためにご飯もう一杯!とすると、余計な分はグリコーゲンにはならず、脂肪になりますのでお気を付けて。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。