行政書士池田玲菜の見た世界

 アンパサンド行政書士事務所の池田玲菜代表が、行政書士の視点から連載するコラム。(北海道建設新聞本紙3面で、毎月第1木曜日に掲載しています)

行政書士池田玲菜の見た世界(20)能力向上へ適切な指導

2022年06月03日 09時00分

ゴール設定し成功に導く

 初夏は、運動会のシーズンですね。わが家の小学2年生の息子も、毎日、ジャージを着て登校し、運動会の練習を頑張っています。

 ところが、ある朝、「学校に行きたくない」と言い出しました。というのも、運動会の種目であるかけっこで、いつも最下位であるのが嫌とのことでした。一度として走る競技で称賛を受けたことのない私には、痛いほど分かる気持ちでした。

 運動会当日まで、十日しかありません。小学生向けのかけっこ教室に申し込むのは間に合わなさそうです。その週末に一緒に練習することを約束して、その日は学校に送り出しました。

 さて、私自身は走るのが大の苦手です。学校での授業の他に走る練習をしたこともありません。とはいえ、無策でいるわけにもいきません。安易ではありますが、私が頼ったのはインターネットです。小学生が早く走るための勘所を調べます。簡単なコツから複雑な練習までありましたが、実践しやすく即効性のありそうなものに腕の振り方がありました。脇を締めて肘を曲げて走ることで、前後に腕を振る力を前への推進力に変えるようです。

 さて、練習をする週末が来ました。まずは一緒に腕の振り方が大切であることをインターネットで確認しながら、簡単に練習します。

 そして外に出掛け、走ってもらいます。私は、文明の利器、スマホで走る姿の動画を撮影します。二人で動画を確認します。やはり、腕はうまく振れていないようです。肘は伸び、腕は横に振っています。

 あとは実践あるのみです。立ち止まって腕を振る練習をしたり、走っている動画を撮影して確認したりを繰り返しました。

 練習を通じて、本人も腕を振る大切さに気づいたようです。走りやすく、速さも向上していると感じているようです。体はまだ動かし方をまだ覚えきれていませんが、あとは練習あるのみです。

 週が明けた体育の時間でも、効果は実感したようで、かけっこに対する不満は口に出しませんでした。

 運動会当日がやってきました。「肘を曲げて走るんだよ」と送り出します。かけっこで息子の順番が来ます。号砲がなります。肘がしっかりと曲がって一生懸命に振れているのが見えます。なんと二位に僅差の三位でした。本人も大満足で、来年に向けた意欲も見せています。

 能力の向上のためには、適切な指導と適切な練習が大切です。では、適切な指導とはどのようなものなのでしょうか。今回の走る練習から分かることは、正しいゴールの設定、ゴールが必要な理由の説明、現状のフィードバック、成功体験の大切さでした。次は適切な練習の方法を研究しようと、私自身の成功体験ともなりました。


行政書士池田玲菜の見た世界 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,230)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,221)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,571)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,524)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,509)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。