工事・計画

駅前のにぎわい継続へさまざまな協議 棒二森屋店閉店問題

2018年10月24日 15時00分
駅前のにぎわい継続へさまざまな協議 棒二森屋店閉店問題

 棒二森屋店の閉店発表後、関係者の間でさまざまな協議が進んでいる。跡地にはマンション棟(22階)、商業・ホテル棟(16階)、商業棟(3階)を新設する構想が浮上。雇用に関しては、25日に函館地域大量雇用変動等対策本部が設置される。函館市は中心市街地出店促進補助金の要件緩和を検討している。

関連キーワード: 商業 道南

平岸2条14に分譲MS 京阪電鉄不動産が来春着工計画

2018年10月24日 07時00分

 京阪電鉄不動産(大阪市中央区大手前1丁目7の31、道本能久社長)は、分譲マンションの仮称ファインシティ平岸新築を計画している。設計は企画設計事務所オルトが担当。2019年4月1日ごろの着工に向け、今後、施工業者を選定する。

関連キーワード: さっぽろ圏 マンション

三笠ぽんべつダム本体 19年秋ごろ着工 開発局

2018年10月23日 18時00分

 北海道開発局は22日、2018年度第1回事業審議委員会を札幌市内で開き、平取ダムと新桂沢ダム・三笠ぽんべつダムの事業再評価を実施した。委員らは開発局案が妥当と評価。平取ダムは災害復旧などで総事業費が97億円増額し、残事業費は165億円、工期は2年延ばした21年度完成を想定。新桂沢ダム・三笠ぽんべつダムは地滑り対策11カ所の追加などで228億円の増額。残事業費399億円、3年延長の23年度完成で、三笠ぽんべつダムは19年秋ごろの本体着工を見込む。

関連キーワード: ダム 開発局

34億円投じバイオガスプラント新設 陸別町と陸別町農協

2018年10月22日 12時00分

 陸別町と陸別町農業協同組合は、共同で陸別町中トマムに新設するバイオガスプラントに2019年度にも着工する予定だ。施設整備費は34億3700万円を試算。受け入れるふん尿の量は経産牛換算で2600頭分とし、最大出力は800㌔㍗を見込む。11月中旬までに設立する第三セクターが発注業務を担当。設立次第、実施設計を外注し、18年度末までに完了させる。19年度から2カ年で整備し、20年秋の事業開始を目指す。

関連キーワード: エネルギー 道東

コメリ札幌市内1号店 発寒に出店計画、来春着工へ

2018年10月22日 07時00分

 ホームセンター大手のコメリ(新潟市南区清水4501の1、捧雄一郎社長)は、札幌市内1号店となるコメリパワー札幌発寒店の新設を計画している。2019年11月の営業開始に向け、4月をめどに敷地造成に取り掛かりたい考え。施工業者はこれから選定する。

関連キーワード: さっぽろ圏 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。