「 ズームアップ」に関する記事

宿泊・医療両にらみ体制 戸田建設札幌支店長瀬尾暢宏氏

2021年05月04日 10時00分

 3月1日付で戸田建設札幌支店長に就いた。民間建築では、宿泊施設の計画がコロナ禍の影響を受けているが、同社が元々得意としている医療福祉分野を強化し、宿泊・医療両にらみの体制を整える。さらには浮体式洋上風力発電などの脱炭素ビジネスにも注力する考えだ。

関連キーワード: インタビュー ズームアップ 企業

建設業と地域の未来を考える 北海道建青会小金澤昇平会長

2020年09月07日 16時00分
建設業と地域の未来を考える 北海道建青会小金澤昇平会長

 北海道建青会は10日、第35回全道会員大会を苫小牧市内で開く。テーマは「THE CONSTRUCTION'S HEART♡未来へつなげDOBOKUの心をあつめて」。地域で活躍する建設業の経験や知恵を結集し、建設業と地域の今後を考える。小金澤昇平会長に話を聞いた。

木材や水産物需要喚起 佐藤卓也道水産林務部長

2020年08月20日 10時00分

 道水産林務部長に就任して4カ月が経過した。新型コロナウイルス感染症の影響で、木材や水産物の需要が激減。林業・水産業は大打撃を受けている。気候変動や近年相次ぐ自然災害への対応など課題は山積する。変化に対応しながら林業・水産業の振興をどう進めるのか、考えを聞いた。

関連キーワード: インタビュー ズームアップ

本道の優れた住宅技術に活路を 道建設部建築企画監 長浜 光弘氏

2020年08月10日 09時00分
本道の優れた住宅技術に活路を 道建設部建築企画監 長浜 光弘氏

 道建設部建築企画監に就任してから4カ月が経過した。人口減少に伴う空き家の増加や、建築物の耐震化促進など課題を抱える中、新型コロナウイルス感染症の流行により、一層厳しさを増す住宅産業。逆境をチャンスに変えるため、本道の優れた住宅技術に活路を見いだす。

関連キーワード: インタビュー ズームアップ

宿づくりに郷土力反映 鶴雅ホールディングス代表取締役社長 大西雅之氏

2020年07月31日 10時00分
宿づくりに郷土力反映 鶴雅ホールディングス代表取締役社長 大西雅之氏

 阿寒湖温泉を中心に13件のホテルを展開する鶴雅ホールディングス。ことしで創業65周年を迎えたが、新型コロナウイルス感染症で観光業の環境は一変。ただ、北海道の豊富な自然や食の魅力を生かした基幹産業を自負し、洞爺湖に14件目のホテルを計画する。経営戦略を聞いた。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1.1k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。