「 土木」に関する記事

石狩川流域の治水・利水施設が水遺産賞を受賞

2020年09月16日 14時00分

 15、16日の2日間、オンラインで開催されている国際水圏環境工学会アジア・太平洋地域部会(IAHR―APD)において、「石狩川流域の治水・利水施設」が「水遺産賞」に選定された。本道経済を支える農業地帯形成に貢献した功績が評価され、施設管理者である北海道開発局と道に賞状が贈られた。

関連キーワード: さっぽろ圏 土木 治水

室蘭開建の2事業が全日本建設技術協会の19年度全建賞に

2020年08月05日 15時00分
室蘭開建の2事業が全日本建設技術協会の19年度全建賞に

 室蘭開建が所管する室蘭港築地地区岸壁西マイナス9m改良、日高幌内川河道閉塞緊急対策の2事業が、全日本建設技術協会の2019年度全建賞に選ばれた。物理的、時間的制約が大きい中、優れた技術や施工の工夫によって事業を完遂した点が高い評価を得た。

関連キーワード: 土木 河川 港湾 胆振

産業遺産保存へ 旧士幌線第三音更川橋梁の補修が本格化

2020年07月14日 12時00分
産業遺産保存へ 旧士幌線第三音更川橋梁の補修が本格化

 上士幌町が発注した旧国鉄士幌線第三音更川橋梁の補修作業が本格化している。国の登録有形文化財である同橋を産業遺産として保存するための工事で、小寺建設・田西建設共同体が施工を担当。天端と同じ高さ18mまで足場を組み、大径間アーチの橋脚部補強などを進める。今秋の完成を目指している。

関連キーワード: 十勝 土木 橋梁 歴史的建造物

連休明けから旧士幌線・第三音更川橋梁を補修 上士幌町

2020年04月21日 15時00分
連休明けから旧士幌線・第三音更川橋梁を補修 上士幌町

 産業遺産として価値が高い旧国鉄士幌線・第三音更川橋梁[MAP↗]の補修が5月連休明けにも始まる。アーチ部基礎の補強、表面の補修をはじめ、橋梁内部への浸水を防ぐ天端の防水処理などを計画。上士幌町が工事を発注済みで、11月末に完了する予定だ。

関連キーワード: 土木 景観 歴史的建造物

占冠―トマムに970億円 20年度の道内高速道路暫定2車線4車線化

2020年03月12日 09時00分

 国土交通省は10日、財政投融資を活用して暫定2車線区間の高速道路を4車線化する拡幅工事について、2020年度は全国15区間、延べ約110㌔に新規着手する。道内は道東道占冠IC―トマムIC間の19・9㌔に事業費970億円を投じる計画だ。今後は予算成立後の事業認可に向け有識者の意見聴取などの手続きを進める。

関連キーワード: 上川 国交省 土木 道路 高速道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,258)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,099)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,599)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,352)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,067)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。