未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 中屋敷左官工業 猪尾大地さん

2018年11月28日 07時00分

後戻りない仕事を心掛け

猪尾大地(いのお だいち)さん

 入社6年目。マンションや倉庫、病院といった大きい場所で、コンクリートをならしたり、壁や天井を塗る仕事をしている。

 札幌工高卒。祖父や父も建設関係の仕事に携わっていた。土木科出身だが、「授業であまり面白みを感じなかった」ため、土木の道は選ばなかった。

 高校に届いた中屋敷左官工業のパンフレットを見て、「左官の仕事は面白そう」と思ったのが入社のきっかけ。高校で学んでいたこととは真逆の世界だったが、会社の手厚いサポートがあったため、仕事になじむのにさほど苦労はしなかったという。

 3年目くらいから職長を任せられるようになった。しかし、初めはうまくいかなかったという。「自分の段取りが悪くて、作業が遅れてしまった」。苦い思い出だ。今は「やっぱりこうしておけばよかったと思うときは後々あるけれど、それなりにこなせていると思う」と笑顔を見せる。

 「なるべく後戻りのないような、きれいな仕事をすること」を心掛けている。細かいところまで、何度も確認しながら作業を進める。「性格は面倒くさがりだけど、仕事は面倒くさがらずにこなすようにしている」。仕事へのこだわりは強い。

 目標は「指名をもらえるような職長になりたい。できることなら親方に」。

 1994年11月22日生まれ、札幌市出身。休日は、2歳の娘が大好きなおままごとで一緒に遊ぶ。17日に第2子となる男の子が誕生した。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,827)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,535)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,271)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,172)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,080)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。