深掘り

 地域経済の成長には、新たな技術シーズを生み出すだけではなく、その技術を発展させたビジネスの創出が欠かせません。〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想やアイデアを紹介します。

深掘り 北海道労働金庫ローンプラザ 白川巧喜札幌地区住宅ローン推進本部長

2021年12月10日 18時00分

白川 巧喜本部長

住宅高騰 将来考え対話

 新設住宅着工が堅調に推移する中、住宅ローン市場で北海道労働金庫が存在感を高めている。住宅向けの貸出残高はことし3月末時点で前期比2.7%増の6690億円と、道内金融機関では北洋銀行、北海道銀行に次ぐ3番手に付ける。住宅価格が高騰する近年、融資はどんな影響を受けているのか。ローンプラザの白川巧喜札幌地区住宅ローン推進本部長(49)に聞いた。

 -住宅価格が上がっている。融資額も増えているのか。

 10年以上前なら融資額は1件3000万円前後が多かったが、近ごろそれでは足りなくなり、今では4000万、5000万円といった融資も全く珍しくない。私たちの中心顧客は企業・団体の従業員だ。日本の勤労者の所得が上がらない中では、相場がこれ以上になると住宅購入はできなくなる。

 宅地不足、ウッドショックなどで戸建てが値上がりしているが、マンションの高騰はそれ以上だ。札幌中心部の新築だと狭くても1戸5000万円、少し広ければ1億円超といった物件がよく話題になる。昔は「戸建ては資金的に無理だからマンション」と考える人が多かったが、「マンションが高いから戸建てへ」の流れが出てきている。

 -それでも全体的な住宅ニーズは強い。

 超低金利や住宅ローン減税の効果に加え、コロナ禍で家に対する意識が高まったことなど、いろいろな要因から足元は好況だ。低金利は金融機関には厳しいが、家を建てたい人にとっては良いこと。利息負担が少ないためか最近は20代前半でローンを組む人も多い。

 -貸し手としては、お金が戻らないリスクが高まっているのでは。

 リスクゼロの融資はない。そもそも労働金庫は、営利を目的にしないと法律で定められている。自分たちの利潤追求ではなく、住宅分野で言えば勤労者がマイホームを手に入れるための仕組みを提供するのが存在意義で、ここは一般の金融機関と異なる点だ。ビジネス向けの融資も扱っていない。

 -道内では地銀2行も住宅ローンを伸ばしている。どう差別化するか。

 マイナス金利政策の中ではどこを選んでも低金利で、もはや違いを打ち出せない。利用者に選んでもらうためには使い勝手の良さが重要だ。今私たちの主力となっているのが「住きっと」(すきっと)という商品で、例えば自動車ローンなど比較的高金利な借り入れを、住宅ローンと同じ金利で一本化できる。

 -ネット銀行が極端な低金利をPRして、利用者を増やしている。

 金利だけを追求するならネット銀行という選択になるのだろう。だが、返済完了までの長い期間にどんな相談事が発生するか分からない。対面でしっかり話を聞いて個別対応できる仕組みは、利用者から支持を頂けている。

 -新築が高い今、中古住宅を買ってリノベーションする人も増えそう。多くの住宅ローンは改装工事費に充てられず使いにくいと聞く。

 建物の購入費とリノベーション費をそれぞれつなぎ融資で用立て、後に一本化して返済してもらう仕組みが以前からある。もっとPRして広く使ってもらえるようにしたい。

 -中長期的な課題はあるか。

 少子高齢化、人口減少への対応だ。銀行や信金なら企業向け融資に注力する選択肢もあるが、労金の利用者は個人。顧客に対するコンサルティング力を高めることが重要になる。住宅購入は人生の一大イベントだが、それ以外にも車の購入、リフォーム、または資産運用などお金に関わる相談事、悩み事は出てくる。さまざまな場面で役立つパートナーとして、働く人々の力になりたい。

(聞き手・吉村 慎司)

 白川巧喜(しらかわ・こうき)1972年6月、夕張市生まれ、96年北星学園大卒、札幌銀行(当時)入行。2003年に北海道労働金庫入庫。20年4月から現職。

(北海道建設新聞2021年12月6日付2面より)


深掘り 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,285)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,577)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,532)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,420)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,064)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。