連載・特集

本間純子 いつもの暮らし便(26)暖炉とマントルピース

2022年11月11日 17時39分

 エリザベス女王最後の公務は、静養中のバルモラル城で、トラス氏を首相に任命することでした。握手する二人の背後には炎が美しい立派な暖炉と、たき口の周囲を装飾するマントルピースが控えていました。同室を広く撮影した画像が、インターネットで公開されています。暖炉を囲む、美しい英国のインテリアに、しばし見入ってしまいました。

関連キーワード: いつもの暮らし便

行政書士池田玲菜の見た世界(25)従業員のメンタルヘルス

2022年11月07日 15時22分

 コロナ禍において、従業員の健康管理が注目をされました。従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」も、重要性がうたわれています。今回は、従業員の健康管理の中でもメンタルヘルスに着目いたします。

関連キーワード: 行政書士池田玲菜の見た世界

おとなの養生訓 第241回 「コーヒーの効能」 疲労回復、がん予防効果も

2022年11月02日 10時40分

 もうすぐ冬が来て、寒さが身に染みる時期です。温かいコーヒーがありがたく感じます。一口コーヒーを飲めば、寒さに固まった体がほぐれ、気分もゆったりとしてホッと一息つく感じになります。毎日のコーヒーが欠かすことのできないものになっている人は多くいます。

関連キーワード: おとなの養生訓

深掘り 北海道エアポート 蒲生猛社長

2022年10月27日 12時00分
深掘り 北海道エアポート 蒲生猛社長

 コロナ禍で落ち込んだ航空需要は、観光客が徐々に回復する一方、ビジネス客の戻りが鈍い。道内7空港を運営する北海道エアポート(本社・千歳、HAP)の蒲生猛社長(66)に需要回復の方策や脱炭素の取り組み、今後の設備投資への考えを聞いた。

会社探訪記 河野銘木店 木材の秘める可能性に信念

2022年10月25日 12時00分
会社探訪記 河野銘木店 木材の秘める可能性に信念

 河野銘木店(本社・札幌)は、創業以来培ってきた木材の知識や加工技術で暮らしに木のぬくもりを提供している。自社で取りそろえる無垢(むく)材でオーダーメードの家具を手掛けるほか、最近は倒木や廃材のアップサイクルにも挑戦。強さやしなやかさを持った木材の秘める可能性に信念を持つ。

関連キーワード: 企業 会社探訪記

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,209)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,188)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,547)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,524)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,498)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。