「国交省 - Page 3」に関する記事

厚岸IC付近改良へ 釧路開建が尾幌糸魚沢道路に着工

2021年08月16日 15時00分
厚岸IC付近改良へ 釧路開建が尾幌糸魚沢道路に着工

 地域の暮らしを支える動脈へ―。釧路開建は2021年度、44号尾幌糸魚沢道路に着工する。初弾は道道厚岸標茶線をまたいで設置する仮称・厚岸IC付近の切り通しなどの改良工事で、31日に入札し、手続きが終わり次第着工する見通しだ。待ち望んだ事業の本格化に、厚岸町や周辺地域では早期開通への期待が高まっている。

関連キーワード: 国交省 道路 釧路

浦幌十勝川で十勝太水防拠点を新設 帯広開建

2021年08月05日 10時00分
浦幌十勝川で十勝太水防拠点を新設 帯広開建

 帯広開建は、浦幌町内の浦幌十勝川で十勝太水防拠点を新設する。面積は2万1000m²を予定し、浦幌川合流点の下流側左岸で堤防を拡幅。ヘリポートも設置する。盛り土の量は概算8万m³で、舗装や植生、照明などの整備も含めて工事費は2億5000万円を試算。2022年度以降に予算の状況に応じて着工し、複数年に分けて整備を進める。

関連キーワード: 十勝 国交省 河川 治水

道横断道足寄―陸別間の事業再開へ 物流効率化に期待 

2021年08月03日 10時00分

 北海道開発局は7月30日、北海道横断自動車道足寄―陸別間の事業再開を公表した。同2日に開いた開発局事業審議委員会後、高速自動車国道法に基づく整備計画の変更手続きを終えての発表。今後、現地で測量や調査などの業務を発注するための準備を進める方針だ。長らく凍結していた足寄―陸別間の延長31㌔整備が再始動することで、災害時のリダンダンシー確保、物流の輸送効率化への期待が高まる。

関連キーワード: 十勝 国交省 道路

新桂沢と三笠ぽんべつ2ダム継続 開発局が事業審議委

2021年07月20日 10時00分
新桂沢と三笠ぽんべつ2ダム継続 開発局が事業審議委

 北海道開発局は16日、2021年度第2回事業審議委員会を開き、新桂沢ダムと三笠ぽんべつダムを建設する幾春別川総合開発事業の再評価をした。北海道胆振東部地震などに起因する自然現象や現場条件の変更、働き方改革に伴う増額が、2ダム合わせて約517億円に上ることなどを報告。委員らは事業費の減額、事業の透明性確保に尽力するよう求めつつ、事業継続は妥当と判断した。

関連キーワード: ダム 国交省

本道こそ社会資本整備を 橋本幸開発局長が就任会見

2021年07月06日 10時00分
本道こそ社会資本整備を 橋本幸開発局長が就任会見

 北海道開発局の橋本幸局長は2日、札幌第1合同庁舎で就任会見をした。本道の特長は「人口が少ない半面、大きな価値を生む地域」だと指摘し、道内の生産空間は唯一無二だと強調。社会資本整備を積極的に進めるため、公共事業への理解を求めていくと同時に「巨額が動くからこそ信頼される建設業、行政を目指したい」と語った。

関連キーワード: 国交省 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,764)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,633)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,329)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,009)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,919)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。