「 宗谷」に関する記事

サハリン・スケッチ 輸送網、信頼関係構築を

2020年01月20日 11時00分
サハリン・スケッチ 輸送網、信頼関係構築を

 稚内市とロシア・サハリン州の距離はわずか50㌔弱。エネルギー開発の舞台となる同州は、経済力の高さでロシア国内でも上位に来る地域だ。州都ユジノサハリンスクにある稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらう。

JFEテクノスに依頼へ 幌延町オトンルイ発電所建て替え

2019年12月21日 10時00分

 JFEエンジニアリングと幌延町が出資する幌延風力発電(幌延町浜里32の4、金森聖一社長)は、オトンルイ風力発電所建て替えをJFEテクノスに依頼する予定だ。現状と同じ総出力2万1000㌔㍗を想定。2023年4月の着工、24年12月の運転開始を目指している。

関連キーワード: エネルギー 宗谷 風力発電

宗谷合同庁舎にトドマツのクリスマスツリー

2019年12月10日 05時30分

 地元産のトドマツのツリーでクリスマス気分を演出―。宗谷総合局林務課は25日まで、稚内市内にある宗谷合同庁舎1階の道民ギャラリーにトドマツ間伐材を活用したクリスマスツリーを展示している。午後3時半から同5時半までライトアップして来庁者を楽しませている。

関連キーワード: 宗谷

稚内市庁舎建設の基本構想・計画策定は道日建設計🔒

2019年11月12日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2019年11月9日付10面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: 宗谷 庁舎 本紙見出し

豊富町、天然ガスを地産地消へ 温泉街に電気や熱を供給

2019年11月05日 15時00分

 豊富町は、豊富温泉の源泉と共に産出される天然ガスの地産地消を図るため、未利用天然ガスを使った温泉街での電気や熱の供給に向けた調査に着手する。道のエネルギー地産地消事業化モデル支援事業を活用するもので、早ければ11月中に臨時町議会を開き、基本設計を含めた調査など関連費用の予算化を目指している。

関連キーワード: エネルギー 宗谷

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,941)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,167)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,060)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,942)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,571)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。