「 建築」に関する記事

池田町の「ワイン城」を改修へ 19年度に着工

2018年04月18日 09時00分
池田町の「ワイン城」を改修へ 19年度に着工

 池田町は、2019年度にブドウ・ブドウ酒研究所(通称・ワイン城)の改修に着工する予定だ。建物の耐震化や設備の長寿命化修繕とともに、観光地としての魅力向上に向けた改修を進める方針。18年度は全ての改修を対象に実施設計を進め、19年度の工事内容を固める。

関連キーワード: 建築 観光 農林水産

建築士事務所の働き方改革 若手技術者に聞く

2018年04月14日 09時30分
建築士事務所の働き方改革 若手技術者に聞く

 国を挙げて取り組む働き方改革。建設工事で週休2日の取り組みが始まるなど、道内建設業界の動きが加速している。こうした状況の中、人手不足解消のため、働き方改革に乗り出す建築設計事務所も増えてきた。新卒者や女性の雇用を確保し、人材の流出を防ぐ業務の平準化や効率化、処遇の改善が求められている。「魅力ある職場でなければ将来はない」(北海道建築士事務所協会)。問題提起する若手技術者の思いをまとめた。

関連キーワード: けんせつ小町 人材育成 建築

2事務所で改築含めた老朽対策を検討 とまこまい広域農協

2018年04月13日 13時00分
2事務所で改築含めた老朽対策を検討 とまこまい広域農協

 とまこまい広域農業協同組合(秋永徹代表理事組合長)は、老朽化が進む穂別支所と苫小牧支所の両事務所について、改築含む整備を検討しており、秋までに方向性を出す考えだ。同農協の農業振興計画・中期経営計画(2018―19年度)で20年度に穂別支所、22年度に苫小牧支所の整備を盛り込んだ。

関連キーワード: 建築 農林水産

「カスタマイズ賃貸」を展開するハプティックが道内に進出

2018年04月11日 13時00分
「カスタマイズ賃貸」を展開するハプティックが道内に進出

 賃貸マンションリフォームのハプティック(本社・東京)は、入居者が自由にリノベーションパーツを選べる「カスタマイズ賃貸」の道内展開を始めた。施工前の築古物件への入居申込者は、費用負担ゼロで好みの部屋づくりが可能。物件オーナーはリノベーションにより付加価値をプラスすることで、空室解消や家賃下落を防止できる。

関連キーワード: マンション 建築

伝統の儀式で安全祈る 国立アイヌ民族博物館で地鎮祭

2018年04月06日 13時00分
伝統の儀式で安全祈る 国立アイヌ民族博物館で地鎮祭

 白老町のポロト湖畔に開設される民族共生象徴空間の中核施設になる国立アイヌ民族博物館の地鎮祭が5日、建設地の若草町2丁目でアイヌの伝統・風習にのっとった形で開かれ、関係者ら約120人が工事の安全と円滑な施工を祈念した。工期は2019年11月29日まで。20年4月24日の一般公開を目指し、来週にも杭打ち工事が始まる。

関連キーワード: 建築 道南 開発局
1 / 8612345...10...最後 »

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

HBC本社建設を熊谷組に依頼、20年春完成
2018年04月05日 (2,797)
函館駅前、札幌駅前通沿いなどで大型プロジェクト続々着工
2018年04月05日 (2,533)
3開建で部長交代 4月人事で国交省と開発局
2018年03月29日 (2,236)
札幌駅北口8・1地区 複合ビル延べ12万m²建設
2018年03月05日 (2,091)
日ハムBP、北広島に 23年開業へ準備会社設立
2018年03月26日 (1,766)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第133回は「年齢とお酒」。年を取 るとお酒に弱くなるのは、血流や細 胞が減って、肝機能が低下すること が原因です。

連載 明日を支える 道総研建築研究本部 研究・活動報告

明日を支える
北海道建設新聞に連載した北海道立総合研究機構建築研究本部の研究・活動報告を紹介します。