「 建築」に関する記事

北見市新庁舎建設 建築主体1は29.6億円で北成らJVに

2017年11月15日 17時33分

北海道建設新聞社が提供する会員向けサービス「e-kensinプラス」では、気になる入札案件の詳細な情報をいち早く入手することができます。

予定価格などの追加情報も随時更新。公告時・結果公表時のメールお知らせ機能など、様々なサービスでお客様の情報収集をサポートします。

くわしいサービスの内容についてはこちらのページからご確認下さい。

関連キーワード: 入札情報 庁舎 建築

新庁舎建設工事の予定価格は総額80.4億円 北見市

2017年11月11日 09時00分

 15日に入札が予定されている、北見市新庁舎建設工事の予定価格が明らかになった。入札するのは建築主体2件、電気設備2件、機械設備2件の計6件。6件の予定価格総額は80億4206万円となっている。

関連キーワード: 入札情報 庁舎 建築

廃校活用で地域再生へ 公共建築の日フォーラム

2017年11月11日 07時00分

 北海道開発局などが主催する公共建築の日フォーラムが9日、札幌市内の札幌エルプラザで開かれ、少子高齢化で廃校が進む学校建築にスポットを当てた。北方建築総合研究所の松村博文地域研究部長は、まちづくりの視点から人口減少時代の公共建築ストックの活用について基調講演。パネル討論では、廃校の有効活用を軸に地域再生の在り方を探った。

関連キーワード: 建築

市民ホールは3階建て、延べ1万m² 苫小牧市がモデル案

2017年11月08日 19時00分

 苫小牧市は6日、市役所で開かれた第3回仮称・苫小牧市民ホール建設検討委員会とワーキンググループの合同会議で、1200席の大ホール、500席の小ホールなどを想定した3階建て、延べ1万623m²のモデル案を示した。大小ホールのほか、活動室20室や展示スペース、カフェ、コラボスペースなどを設定している。これをたたき台として議論を深め、2017年度内の基本計画策定を目指す。

関連キーワード: 市町村行政 建築

2施設で倒壊の危険性 釧路市内の建築物耐震診断

2017年10月26日 07時00分
2施設で倒壊の危険性 釧路市内の建築物耐震診断

 釧路市は24日、震度6強―7程度の大規模地震が起きたときの建物の安全性を評価する耐震診断結果を公表した。市内で倒壊・崩壊の「危険性が高い」とした建物はなかったが、「危険性がある」とされたのは2施設あり、ボウリング場のパレスボウルと飲食店ビルのオリエンタルプラザだった。市では耐震診断結果の公表対象となる民間建築物所有者に対し、診断費用の負担を軽減する補助制度を設けていたが、今後について「設計や改修の補助制度も検討しながら、所有者と協議し耐震化を促していきたい」と話している。

関連キーワード: 商業 建築 耐震
1 / 7912345...10...最後 »

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (2,564)
市内初の大型ホテルに スーパーホテルが石狩市に進出打診
2017年10月27日 (2,052)
新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 (1,888)
小樽駅前第1ビル周辺地区で再開発 準備組合が設立
2017年10月31日 (1,432)
旧みずほ銀札幌寮跡に複合商業施設を計画 アルファコート
2017年10月24日 (1,321)

連載・特集

特集 NETIS特集2017new

公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。

連載 おとなの養生訓

第124回は「スポーツケア」。運動後 は入浴やストレッチで血行を良くして 筋肉の回復を促進させましょう。

連載 北海道・モンゴル経済交流

モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。