「 道央」に関する記事

鉄路廃止でバスターミナル機能持つ拠点施設を計画 月形町

2018年11月12日 07時00分

 月形町は、バスターミナル機能を持たせた、まちづくり拠点施設の建設を計画している。JR札沼線が廃止となった場合、バスターミナルが必要となることから整備を構想。町民の集いの場としての機能も持たせるため、公共施設との複合化なども視野に入れている。2018年度中に基本構想を策定し、19年度の実施設計、20年度の着工を目指す。

関連キーワード: 地域振興 道央

赤平市の炭鉱遺産ガイダンス施設がきょうオープン

2018年07月14日 14時00分
赤平市の炭鉱遺産ガイダンス施設がきょうオープン

 赤平市の炭鉱遺産活用基本構想の一環である「炭鉱遺産ガイダンス施設」が14日にオープンする。当日は午後1時から関係者が出席し、炭鉱遺産を有効活用した新たな施設の誕生を祝い開館記念式典を開催する。式典では、テープカットや来賓代表からのあいさつなどを予定している。

関連キーワード: 道央

大区画化や用排水改修で営農を効率化 19年度採択目指す

2018年07月11日 13時00分

 空知総合局産業振興部は、経営体砂浜東第1地区の2019年度新規採択を目指している。総事業費には23億円を試算。全体では区画整理151haを実施する計画で、ほ場の大区画化や用排水路改修などに取り組む。27年度の事業完了を見込んでいる。

関連キーワード: 農林水産 道央

「そらち」応援大使に オフィスキューの鈴井貴之氏

2018年06月30日 13時00分
「そらち」応援大使に オフィスキューの鈴井貴之氏

 空知の魅力を全国に発信―。タレントや映画監督などとして活躍するクリエイティブオフィスキュー(本社・札幌)所属の鈴井貴之氏が「そらち応援大使」に任命された。赤平市出身という縁があり実現したもので、鈴井氏は「空知を舞台にした物語を作って全国に展開したい」と意気込みを語っている。

関連キーワード: 地域振興 道央

岩見沢市の新市立病院建設基本構想 企画提案は7月まで

2018年06月12日 08時30分

 岩見沢市は11日付で、新岩見沢市立総合病院建設基本構想策定支援業務を公募型プロポーザルで公告した。参加表明書の提出期限は21日で、持参か郵送で受け付ける。企画提案書を7月11日まで受け付け、7月19日のプレゼンテーションを経て、7月下旬に選定結果を通知する。契約は8月上旬を予定している。予算規模は税込み864万円以内で、業務期間は2019年3月29日までとする。

関連キーワード: 医療福祉 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • オノデラ
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,408)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,567)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,403)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,114)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,106)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。