製品・技術

「タイニーハウス」の展示場 東雁来にオープン

2021年10月14日 15時00分
「タイニーハウス」の展示場 東雁来にオープン

 躯体仮設工事会社のクレアル工業(本社・札幌)は、札幌市東区にタイニーハウス(小さな家)の展示場をオープンした。本業の土木、建築に次ぐ新事業として展開。1棟当たり8m²ほどの面積で、少人数の宿泊や店舗空間として活用を見込む。サウナや和室、テレワーク向けを用意し、コロナ禍の人数を限定したコミュニケーション需要を取り込む狙いもある。広大なヤードを抱える建設業や運輸業などの土地活用策の一環として使ってもらいたい考えだ。

関連キーワード: ホテル 企業 店舗 建築

道内初、UAV資材運搬 上川総合局林務の治山現場で試行

2021年10月12日 10時00分
道内初、UAV資材運搬 上川総合局林務の治山現場で試行

 上川総合局林務課発注の治山現場でICT施工が本格化している。受注者の中川建設(本社・中川)は、UAVによる建設資材を道内の公共工事では初めて試行し、急傾斜地で安全に資材が運べることを確認。マシンコントロールによる掘削や起工測量・出来形管理、遠隔臨場まで施工・管理を一貫したICTの活用を図っている。

関連キーワード: ICT 治山

野菜に「ロック」を聴かせて ノースエレメンツの生産事業

2021年10月10日 10時00分
野菜に「ロック」を聴かせて ノースエレメンツの生産事業

 農業6次化事業のプロデュースなどを手掛けるノースエレメンツ(本社・札幌)は、ロックミュージックを聴かせた野菜を生産する「ロッキンベジタブル」事業に来春から乗り出す。規格選別せずに個体差のある「ロックな野菜」として楽しんでもらうことで食品ロスなどの社会課題を解決し、持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する考えだ。

関連キーワード: 企業 農業

もみ殻を燃料棒に 蘭越町が地域産物活用で脱炭素

2021年10月09日 10時00分
もみ殻を燃料棒に 蘭越町が地域産物活用で脱炭素

 地域産物生かし、カーボンニュートラルを―。蘭越町は1日、町内で生産した米のもみ殻を再利用する「もみ殻燃料棒」の販売を開始した。道の駅や公共温泉施設「幽泉閣」で購入可能。再生可能バイオマスエネルギーへの有効活用事業として、継続展開する考えだ。

関連キーワード: エネルギー 後志 道の駅

国内初 無人トラクターの一括制御など実証実験

2021年10月08日 10時00分
国内初 無人トラクターの一括制御など実証実験

 岩見沢市や北大などで構成する岩見沢市スマートアグリシティコンソーシアムは5日、岩見沢市内などで無人走行トラクターの一括制御や遠隔操縦の実証実験を実施した。無人走行トラクターの複数稼働や一括制御は国内初となる。

関連キーワード: ICT 空知 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,357)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,141)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。