製品・技術

道内最大級の解体機が道東地域に初導入

2019年06月10日 09時00分
道内最大級の解体機が道東地域に初導入

 道内最大級の解体機械が道東地域の現場に初めて導入され、大型建築の解体に貢献している。高層建造物でも解体を効率的に進めることができるなど、作業への人的な介入を抑制。工期短縮や現場の安全性向上につながることから、実際に稼働させている施工業者は「大型機械が果たす役割は大きい」と目を見張っている。

関連キーワード: 解体

ロボット施工、VRで技能伝承も 建設業界の高齢化対策

2019年06月04日 12時00分
ロボット施工、VRで技能伝承も 建設業界の高齢化対策

 建設業従事者の高齢化を受け、健康や省力化に配慮した製品が数々出ている。日本ペイントは高齢の職人が楽に作業できるよう、ローラーやはけの運びのよい塗料のパーフェクトシリーズを用意。プレスボード(本社・石狩)は現場省力化の一助として、工場生産の外張り断熱用複合パネル「アイプラスウォール」を提案している。スーパーゼネコン各社は人材確保の最終手段として、ロボット施工の開発を加速。VRを使った技能伝承の方法を模索している。高齢化対策を技術面から見てみる。

関連キーワード: 人材確保 新技術

日本仕様の新型小型風力発電システム シェア1位目指す

2019年06月03日 12時00分
日本仕様の新型小型風力発電システム シェア1位目指す

 小型・中型風力発電機大手の上海致遠GHREPOWER(本社・上海)は、新型小型風力発電システム「FD16―19・2㌔㍗」を日本市場に投入した。低風速域でも発電効率が高く、低騒音に仕上げた。国内の小型風力発電機で事故や故障が相次いだことから、AIによる故障予知システムを搭載する。世界市場でシェア上位を占める同社の影響力を、日本の再生可能エネルギー市場で発揮する考えだ。

関連キーワード: エネルギー 風力発電

下水道管点検ロボット実用化に手応え 川崎建設が開発中

2019年05月31日 15時00分
下水道管点検ロボット実用化に手応え 川崎建設が開発中

 川崎建設(京極町)は、開発中の下水道管点検ロボットの実用化に向け、着実に歩みを進めている。このほど実施した圧送管内部の撮影も難なくこなし、一定の手応えをつかんだ。将来的な普及を視野に、6月に仙台市で開かれる展示会などに出展しPRを図っていく。

関連キーワード: 下水道 新技術

沈下修正へ最適な工法を 曳家岡本の岡本社長が講演

2019年05月22日 15時00分
沈下修正へ最適な工法を 曳家岡本の岡本社長が講演

 沈下修正、古民家再生を手掛ける曳家岡本(本社・高知)の岡本直也社長が札幌市内で17日に講演し、地震や豪雨災害で傾いた住宅を直すための6工法について解説した。自社が扱う土台揚げ工法のほか、薬液樹脂注入工法や発泡ウレタン工法などのメリット・デメリットを紹介。北海道胆振東部地震で被害を受けた札幌や厚真の人々を念頭に、最適な工法選びのポイントを伝えた。

関連キーワード: 建築 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,468)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,101)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,779)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,552)
地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設
2019年10月12日 (1,506)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。