「 インタビュー」に関する記事

林工務店など3社買収 武田幹郎武ダHD社長に聞く

2020年10月18日 10時00分

 武ダホールディングス(HD、本社・札幌)が9月16日付で林工務店(同・砂川)、7月29日付で日栄工業(同・苫小牧)、矢野電器(同・むかわ)の全株式を取得し、グループ企業を11社に増やした。矢継ぎ早のM&A(合併・買収)はどのような経緯で実現したのか。HDの武田幹郎社長(45)に聞いた。

関連キーワード: インタビュー 企業

カエル・デザイン・プロジェクトの田沼美明社長に聞く

2020年10月13日 15時00分
カエル・デザイン・プロジェクトの田沼美明社長に聞く

 コロナ禍をきっかけに事務所縮小や地方拠点の新設が増えている。オフィス開設などの企画立案を手掛けるカエル・デザイン・プロジェクト(本社・小樽)は、都市部での70m²以下の空き物件増加を商機と捉える。2017年の設立以来、道内のほか、首都圏など全国10拠点で内装設計や電気工事を展開中だ。田沼美明社長にアフターコロナを見据えた空間づくりの考え方を聞いた。

関連キーワード: インタビュー 新型コロナ

東神楽町複合施設の基本設計を担当 建築家・藤本壮介氏

2020年09月10日 10時00分
東神楽町複合施設の基本設計を担当 建築家・藤本壮介氏

 2025年大阪・関西万博の会場デザインプロデューサーに就任するなど日本を代表する建築家、藤本壮介氏が東神楽町役場を訪れ本紙インタビューに応えた。新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大で生活習慣が変容する中でも「建築はロングスパンで世の中を見なくてはいけない。場所を共有し何かが生まれる。その普遍性は変わらない」と、揺るがない人の営みと自然を見つめ、建築に落とし込む姿勢の重要性を示した。

関連キーワード: インタビュー 上川 庁舎 建築

建設業と地域の未来を考える 北海道建青会小金澤昇平会長

2020年09月07日 16時00分
建設業と地域の未来を考える 北海道建青会小金澤昇平会長

 北海道建青会は10日、第35回全道会員大会を苫小牧市内で開く。テーマは「THE CONSTRUCTION'S HEART♡未来へつなげDOBOKUの心をあつめて」。地域で活躍する建設業の経験や知恵を結集し、建設業と地域の今後を考える。小金澤昇平会長に話を聞いた。

木材や水産物需要喚起 佐藤卓也道水産林務部長

2020年08月20日 10時00分

 道水産林務部長に就任して4カ月が経過した。新型コロナウイルス感染症の影響で、木材や水産物の需要が激減。林業・水産業は大打撃を受けている。気候変動や近年相次ぐ自然災害への対応など課題は山積する。変化に対応しながら林業・水産業の振興をどう進めるのか、考えを聞いた。

関連キーワード: インタビュー ズームアップ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 古垣建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,080)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,419)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,399)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,257)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,248)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。