「インフラツーリズム - Page 2」に関する記事

祝津・絵鞆を一大レクゾーンに 室蘭市が観光振興計画案

2020年03月19日 15時00分

 室蘭市は、2020年度からおおむね10年間を期間とする新たな観光振興計画案を公表した。重点観光エリアとして祝津・絵鞆、地球岬周辺、中央の3カ所を提示。各エリアでの観光施設の再開発や整備、アクティビティ商品の開発などを通じ、基本理念に掲げた稼ぐ観光の達成と地域経済の活性化を目指す。

釧路市が2種類目のマンホールカード配布 阿寒湖まりむ館で

2019年12月16日 12時00分

 釧路市で2種類目となるマンホールカードの配布が14日から始まる。1種類目と同じくタンチョウが主要モチーフだが、背景には阿寒湖とマリモが描かれている。配布場所は阿寒湖まりむ館[MAP↗]。

目指せ商業化 青山室蘭市長などが白鳥大橋の主塔を見学

2019年10月14日 12時00分
目指せ商業化 青山室蘭市長などが白鳥大橋の主塔を見学

 白鳥大橋を活用したインフラツーリズムの実現に向け、青山剛市長と室蘭開建の米津仁司部長は7日、白鳥大橋の主塔に昇る見学体験をした。ツアーの想定ルートをたどり、商業化への課題を抽出。青山市長は、数年のうちに一般の人が参加できるツアーを開始する考えを示した。

関連キーワード: インフラツーリズム 橋梁 胆振

当別町が道の駅でマンホールカードの配布を開始

2019年08月14日 09時00分
当別町が道の駅でマンホールカードの配布を開始

 当別町は、北欧の風道の駅とうべつでマンホールカードの配布をきょう7日から開始する=写真。伊達政宗の子孫で、町の開拓に貢献した仙台藩岩出山伊達家10代目当主・伊達邦直公の甲冑(かっちゅう)姿がモチーフ。道の駅来場者限定で、原則1人1枚、無料で配っている。

札幌市が第2弾マンホールカード 市の記章デザインに

2019年01月12日 15時00分
札幌市が第2弾マンホールカード 市の記章デザインに

 札幌市は、新たな「マンホールカード」を札幌市時計台で配布している。2枚目となる今回は、市の記章を中央に配置したデザインマンホールふたを描いた。現地に足を運んだ人限定で、原則1人1枚を無料で受け取ることができる。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,065)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,234)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,191)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,714)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,316)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。