「 入札情報」に関する記事

北海道新幹線札樽トンネル札幌工区 落札率は69.6%

2019年01月18日 15時00分

 鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局が8日に落札者を決定した、北海道新幹線札樽トンネル札幌工区の落札率は69.6%だった。予定価格は713億8661万円(税抜き、以下同)で、大林組・東亜建設工業・大本組・みらい建設工業・丸彦渡辺建設共同体が497億円で落札している。

関連キーワード: 入札情報 新幹線

大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区

2019年01月09日 07時00分

 鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局は8日、低入札のため保留としていた北海道新幹線札樽トンネル札幌工区の落札者を大林組・東亜建設工業・大本組・みらい建設工業・丸彦渡辺建設共同体に決めた。落札額は497億円(税抜き)だった。

江別の道営大麻宮町団地 2月にも入札し再整備スタート

2018年12月12日 07時00分

 道建設部建築局は、江別市の道営住宅大麻宮町団地建て替えA棟新築主体を、2019年1月11日付で一般競争公告する。2工区に分け、それぞれ総合評価方式を採用し、2月26日の開札を予定している。電気と管は1月18日、建具は1月29日に公告する見通し。全体工事費に7億5000万円を試算している。

関連キーワード: 住宅 入札情報 北海道庁

地下鉄真駒内駅の耐震改修 WTOできょう再公告

2018年11月30日 07時00分

 札幌市は、地下鉄南北線の真駒内駅耐震改修を30日、WTO対象の一般競争入札で公告する。過去3回の入札不調を受け、設計内容を見直し、市営地下鉄駅では初めてのWTO案件となった。来年1月下旬の契約を経て、年度内の着工を予定。工期は、2020年11月末までとしている。

関連キーワード: さっぽろ圏 入札情報 耐震

加算点が落札の決め手に 勲祢別橋上部の総合評価結果詳細

2018年10月19日 15時00分

 帯広開建が9月27日に開札したWTO対象工事の道横断道陸別町勲祢別橋上部の結果詳細が明らかになった。落札した宮地エンジニアリングは、入札価格は4番札の6億600万円(税抜き)だったものの、総合評価の加算点が5つの評価項目のうち4項目満点で60満点中56・3点を獲得し、入札価格と総合評価の点数を組み合わせた評価値でトップに。加算点の点数が落札の決め手となった。

関連キーワード: 入札情報

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,395)
大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区
2019年01月09日 (3,370)
札幌都心への投資加速 ホテル建設ラッシュに沸く
2019年01月02日 (2,078)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (1,972)
RIZAPグループ ディノスビル春までに建替基本計画
2019年01月06日 (1,713)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第151回は「胃もたれ」。忘年会、年越し、新年会と続く宴。胃へのいたわり方をご指導します。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。