「漁業」に関する記事

第2サロマ湖養殖場保全 防氷柵の改修を2月14日公告

2023年01月19日 17時00分

 オホーツク総合局水産課は、網走地区第2サロマ湖養殖場機能保全補正を一般競争で2月14日の公告、3月23日の入札を目指している。アイスブームのロープ1区間を交換する工事。国の2022年度補正予算で配分された現年補正で、予算上限は2億5000万円となっている。

関連キーワード: オホーツク 漁業

歯舞漁港歯舞地区の高度衛生管理施設が供用

2022年09月03日 10時00分
歯舞漁港歯舞地区の高度衛生管理施設が供用

 歯舞漁港歯舞地区の高度衛生管理型施設が1日に供用を開始する。釧路開建が推進した人工地盤の整備に併せて、歯舞漁業協同組合が荷さばき施設や事務所を一体整備した。人工地盤は水産物の鮮度保持や品質管理に対応する屋根付き岸壁と駐車場、災害時一時避難場所の機能を持つ。地域の新たな水産物流通拠点として期待がかかる。

関連キーワード: 水産 漁業 釧路

白糠町で漁場可視化調査 渋谷潜水工業渋谷社長に聞く

2022年01月19日 15時00分
白糠町で漁場可視化調査 渋谷潜水工業渋谷社長に聞く

 2021年、道東の基幹産業である水産業は太平洋沿岸で発生した赤潮により大きな打撃を受けた。白糠町の依頼を受けて渋谷潜水工業(本社・神奈川県平塚市)が漁場の可視化調査を実施。渋谷正信社長は、海藻が減少・消失する磯焼け被害も全国的に拡大傾向の中「海水温の上昇をはじめとした変化を早めに感じ取らないといけない」と警鐘を鳴らす。調査の内容や海の管理の在り方を聞いた。

関連キーワード: インタビュー 水産 漁業

むかわ町がししゃもふ化場移転改築の初弾を秋にも発注🔒

2021年04月26日 20時30分

 この記事は北海道建設新聞2021年04月21日付11面に掲載されました。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナー、またはe-kensinマップをご覧ください。

関連キーワード: 漁業 胆振

サロマ湖漁港整備で防砂堤改良を計画 網走開建

2020年07月21日 15時00分
サロマ湖漁港整備で防砂堤改良を計画 網走開建

 網走開建はサロマ湖地区特定漁港漁場整備で、第1湖口[MAP↗]のアイスブーム保管スペース、第2湖口[MAP↗]の東防砂堤・西防砂堤の改良を計画している。2020年度は基本・実施設計を進め、21年度以降の着工を見込んでいる。

関連キーワード: オホーツク 漁業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。