「開発局 - Page 2」に関する記事

開発局16―20年度建設コンサル契約 公募型が拡大

2022年01月21日 19時30分
開発局16―20年度建設コンサル契約 公募型が拡大

 北海道開発局で、建設コンサルタント業務の契約方式の多様化、技術力重視が進んでいる。国土交通省がまとめた2016―20年度の工事等契約状況によれば、公募型・簡易公募型以外の指名競争入札の当初契約額のシェアは、20年度が16.8%と16年度の30.1%から13.3ポイント減少している。半面、公募型・簡易公募型が占めるシェアは20年度に30.3%となり、16年度から13ポイント上昇。入札参加者に技術力を問う方式の割合が増加している。

関連キーワード: 開発局

国道239号霧立防災苫前トンネル 今夏にも公告

2022年01月21日 18時45分

 留萌開建は、国道239号霧立防災(苫前町)の仮称・苫前トンネルの工事について、ことし夏以降の公告を目指している。WTO政府調達協定対象で、総合評価の技術提案評価S型を採用。4カ年国債を設定する意向だ。掘削量は8万2000m³程度を見込んでいる。

関連キーワード: 開発局

日高道厚賀静内道路に15億円 21年度補正予算

2022年01月12日 09時00分
日高道厚賀静内道路に15億円 21年度補正予算

 室蘭開建は、2021年度補正予算で日高自動車道厚賀静内道路に15億円を投じ、建設中の大狩部トンネル以東から仮称・新冠IC周辺までの改良を促進する。IC関連は新冠改良ほかと新冠東函渠設置、トンネルや長大橋の前後では大狩部東改良、神山改良、稲荷改良をそれぞれ月内にも公告する。

関連キーワード: 道路 開発局

22年度道開発予算要求 事業費は21.5%増の8444億円

2021年08月27日 14時00分

 国土交通省北海道局は26日、2022年度北海道開発予算の概算要求を公表した。一般公共事業費に当たる北海道開発事業費は国費で前年度当初比21・1%増の6780億3000万円、事業費で21・5%増の8444億3100万円。要求額が国費ベースで2割増を超えるのは過去20年間で例がなく、特別枠を最大限活用したことで過去最大級の伸び率となった。防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策は事項要求とし、予算編成過程で金額を固める。

関連キーワード: 開発局

本道こそ社会資本整備を 橋本幸開発局長が就任会見

2021年07月06日 10時00分
本道こそ社会資本整備を 橋本幸開発局長が就任会見

 北海道開発局の橋本幸局長は2日、札幌第1合同庁舎で就任会見をした。本道の特長は「人口が少ない半面、大きな価値を生む地域」だと指摘し、道内の生産空間は唯一無二だと強調。社会資本整備を積極的に進めるため、公共事業への理解を求めていくと同時に「巨額が動くからこそ信頼される建設業、行政を目指したい」と語った。

関連キーワード: 国交省 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,301)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,581)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,537)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,422)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,067)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。