製品・技術

重金属不溶化・強度向上両立 日鉄住金セメントの対策資材

2018年12月05日 15時00分

 日鉄住金セメント(本社・室蘭)は、重金属不溶化固化材「ランドキープ」を開発した。重金属の不溶化と発生土の強度向上(固化)を両立できるセメント系の対策資材。1回のかき混ぜで2つの効果を出せるため、作業の手間やコスト面でのメリットが大きい。粉体の状態で使え、既存のセメント系土壌改良工法で実用可能だ。シールド工法によるトンネル現場などでの利用を見込んでいる。

地滑りや倒壊、予兆を迅速検知 エコモットのセンサー

2018年11月30日 15時00分
地滑りや倒壊、予兆を迅速検知 エコモットのセンサー

 エコモット(本社・札幌)は、広い範囲の地滑りや構造物倒壊の予兆を迅速に検知できるIoT傾斜センサーを開発した。土砂災害の発生が懸念される急傾斜地崩壊危険箇所での観測をはじめ、土木現場での土留め鋼矢板、作業用足場、仮囲いといった仮設構造物の傾きを検知する用途を見込む。12月21日から提供を開始する。

関連キーワード: 災害

19年に安全帯規則改正 各社が新フルハーネス開発へ

2018年11月29日 15時00分
19年に安全帯規則改正 各社が新フルハーネス開発へ

 安全帯の規制に関する改正政省令が2019年2月1日に施行される。合わせて安全帯性能規格の改正を予定。該当するJIS T8265は9月に改正案が公表され、サンコー(本社・大阪)や谷沢製作所(同・東京)といった主要メーカーは、新規格に対応した次世代型フルハーネスの開発を進めている。新規格移行までの猶予は3年。22年1月2日以降はフルハーネス型でも現行の規格品は使えない。市場の変化を視野にIoT関連事業を展開するエコモット(同・札幌)は、新技術の市場投入を進めている。

関連キーワード: 安全衛生

トヨタのプロボックスとサクシードにハイブリッド車追加

2018年11月29日 06時59分
トヨタのプロボックスとサクシードにハイブリッド車追加

 トヨタ自動車は「プロボックス」と「サクシード」にハイブリッド車を追加・一部改良し、12月3日に発売する。安全装備を強化した。

関連キーワード: 商用車

ドローンで港湾調査 北大江丸准教授らが苫小牧で実証実験

2018年11月27日 15時00分

 北大大学院工学研究院の江丸貴紀准教授(人間機械システムデザイン部門)と学生らが22日、苫小牧港西港区東護岸でドローン技術を活用した港湾施設の現地調査実証実験をした。地震や台風などで消波ブロックがずれたりしていないか検出するもので、無人化された場合、作業の安全性や効率性向上が期待される。

関連キーワード: ドローン

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,698)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,291)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,981)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,950)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,288)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。