「 スポーツ」に関する記事

鶴居村がファミリースポセン改築 事業費14―15億円見込む

2019年05月15日 10時00分

 鶴居村は、鶴居西6丁目1の1に位置するファミリースポーツセンターの現地改築に向け、実施設計を6月中旬に指名する。新施設の規模はRC一部W造、2階、延べ2800m²。地域住民の交流の場としてコミュニティースペースなどを設ける。総事業費は14億―15億円を見込んでいる。

関連キーワード: スポーツ 改築 道東 釧路

ジャンプ競技場、大倉山に機能集約も 札幌市

2019年05月07日 12時00分

 札幌市は、冬季オリンピック・パラリンピック招致に向け、競技運営スペース確保のため大倉山と宮の森両スキージャンプ競技場の整備検討に着手した。大倉山にジャンプ台を新設する機能集約か、各競技場の整備か、2つの方向性を比較。費用や国際大会開催時の運営効率化の効果などを踏まえ、具体策を探る。

関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

札幌市中央体育館、27日オープン

2019年04月26日 18時00分
札幌市中央体育館、27日オープン

 移転改築を進めていた札幌市中央体育館(愛称・北ガスアリーナ札幌46)が27日、オープンする。市有体育館最大の規模で、観客席2500席を確保したアリーナでは大規模な競技大会やプロスポーツイベントの開催が可能になった。市民に一層親しまれる地域のスポーツ活動の拠点として、都心に新たなにぎわいを生み出す。

関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

釧路市内のスポーツ合宿 18年度の経済効果は1.8億円

2019年04月08日 12時00分

 釧路市と釧路公立大地域経済研究センターは、2018年度に市内で実施されたスポーツ合宿の経済波及効果をおよそ1億8000万円と公表した。参加者にアンケートを実施し(回収数326件、回収率22.6%)、釧路市産業連関表を活用して計算した。

関連キーワード: スポーツ 釧路

北見市がカーリングホール建設 20年10月供用目指す

2019年03月14日 12時00分

 北見市は、2019年度からカーリングホール建設に着手する。国の地方創生拠点整備交付金18年度補正分として5億9576万4000円の採択を受けた。規模はS造、平屋、延べ1750m²の予定で、19年度初めに設計を発注し、同年度内に着工する見通し。2カ年で工事を進め、20年10月の供用開始を目指している。総事業費は約13億円で、本体の建設費は10億2300万円と想定している。

関連キーワード: オホーツク スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (3,716)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,077)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,589)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,386)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。