「北海道庁」に関する記事

白糠町や道などが泊別地区のインフラ整備 道立公園関連で

2023年10月23日 16時39分

 白糠町泊別地区での道立広域公園整備に向け、町や道、JR北海道などはインフラ整備を進める。町と道は、未整備の上下水道や電力情報通信基盤を整備。JR北海道は国道38号線沿いに踏切を新設し、道の駅や釧路空港一帯のアクセス向上を推進する考えだ。

関連キーワード: JR北海道 北海道庁 釧路

道内の22年度企業立地件数は98件 道経済部

2023年06月22日 08時00分
道内の22年度企業立地件数は98件 道経済部

 道経済部がまとめた2022年度企業立地件数は98件だった。新型コロナウイルス感染症の経済停滞による落ち込みから回復し、前年度を11件上回った。製造業や産業支援サービス業などが立地数を伸ばしている。2月に進出を表明したラピダス(本社・東京)の次世代半導体製造拠点は道内過去最大規模の投資となるため、この立地を契機に関連産業の集積が期待される。

関連キーワード: 企業 北海道庁

道の23年度肉付け補正予算案で投資的経費868億円追加

2023年06月16日 18時00分
道の23年度肉付け補正予算案で投資的経費868億円追加

 道は16日、2023年度の肉付け補正予算案を発表した。一般会計に2776億2860万円を追加。骨格編成だった当初予算との合計は3兆1516億7818万円となり、前年度当初に比べ2.3%減少した。投資的経費の追加分は868億1293万円で、うち単独の特別対策事業費は144億5600万円。施設整備で富良野緑峰など9高校の大規模改造に向けた調査設計費を計上した。このほか、津波避難施設等整備特別対策事業費補助金、次世代半導体産業集積促進、知事公館・近代美術館エリア活用検討などを盛り込んでいる。22日開会予定の第2回定例道議会に提案する。

関連キーワード: 予算 北海道庁

オホーツク総合局、畑総中央野崎地区の総事業費を減額へ

2023年06月15日 16時30分

 オホーツク総合局産業振興部は、2024年度新規採択を目指す水利施設等保全高度化・畑地帯総合整備中山間地域型中央野崎地区の計画を見直した。これまでは総事業費を26億円としていたが、ヒアリングや調査設計を踏まえ、22億円に変更。区画整理149haと畑地かんがい381haを進め、32年度の完了を見込む。

関連キーワード: オホーツク 北海道庁 農業

道がラピダス半導体工場に工業用水供給を検討

2023年06月14日 08時00分

 道は、ラピダス(本社・東京)の次世代半導体工場新築に伴い、工業用水供給を検討している。企業局所管で安平川が取水源の苫小牧地区工業用水道第二施設を有力とし、供給量は一日当たり数万m³を見込む。水利権の調整や整備費、工期など他の取水源も含めて供給方法を検討し、年度内に方向性をまとめる。同社による2027年の量産体制開始に合わせる考えだ。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,743)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,543)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,496)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,158)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,071)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。