「 北海道庁」に関する記事

室蘭建管苫小牧出張所改築の基本設計をプロポで公告

2021年04月14日 10時00分

 道建設部建築局は13日付で、「北海道胆振総合振興局室蘭建設管理部苫小牧出張所庁舎改築工事基本設計」を公募型プロポーザル方式で公告した。26日まで参加表明書、6月7日まで技術提案書の提出を受け付ける。

関連キーワード: 北海道庁 胆振

道の21・22年度入札参加資格 一般土木A1は9者増

2021年03月15日 00時00分

 道は、2021・22年度競争入札参加資格を決定した。格付け基準点は、一般土木A等級のA1区分が1310点以上となり、前回(19・20年度)よりも100点上昇。A2区分は1175点以上で70点引き上げられた。一般土木以外の7資格は森林土木A等級が45点上昇したほか、他の資格も一部等級を除き10―25点の範囲で引き上げられている。一般土木の道内資格者数は、A1で9者増加し、A2で32者減少した。

関連キーワード: 北海道庁

近代美術館再整備へ PFI導入の可能性調査🔒

2021年02月26日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年02月22日付2面に掲載されました。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。

関連キーワード: 北海道庁

都市間高速バスで貨客混載 十勝MaaSの実証実験開始

2021年02月22日 10時00分
都市間高速バスで貨客混載 十勝MaaSの実証実験開始

 道総合政策部は18日、帯広と札幌を結ぶ都市間高速バス「ポテトライナー」を使った貨客混載の実証実験を開始した。十勝MaaSプロジェクトの一環で、コロナ禍で利用者の減少が著しい交通事業者の収益改善への可能性を探る。午前7時半、トランクに荷物を載せた第一便が乗客15人と共にJR帯広駅前のバスターミナルを発車した。

関連キーワード: 北海道庁 十勝 地域交通

道が21年度予算案を発表 投資的経費は3402億円

2021年02月19日 19時40分

 道は19日、2021年度予算案を発表した。一般会計は前年度当初比15.4%増の3兆2529億9566万円だった。このうち公共事業などの投資的経費は13%減の3311億3578万円、特別会計を含めると12.6%減の3401億8215万円と減少幅が大きかった。ただ、20年度補正予算案も含めた15カ月予算は一般会計で4927億8790万円と2.8%減にとどまった。名寄遠別線の宇遠別トンネル(遠別町)の着工を見込むほか、富良野川火山砂防下流堰堤群(上富良野町)の着手を計画している。

関連キーワード: 予算 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.1k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.5k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.2k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 道央3市
にぎわい取り戻せ
new

道央圏3市の商工会議所、商工会のトップに、現状の打破とにぎわい回復に向けた取り組みについて聞く。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。