「 北海道庁」に関する記事

道産食品の販路開拓 欧州への航空貨物輸送実験始まる

2020年01月15日 10時00分
道産食品の販路開拓 欧州への航空貨物輸送実験始まる

 道は10日、欧州への航空貨物輸出実証事業で輸送実験を開始した。新千歳とフィンランド・ヘルシンキを結ぶフィンエアーの就航決定を受け、道が同線の貨物スペースを借り上げて輸出入を希望する荷主に提供。道産食品の輸出拡大を目指し課題を把握する。初回はバイヤー向け商品などを輸送した。実証実験は2月までに計3回を予定する。

関連キーワード: 北海道庁 海外 海外市場 農林水産

重大NEWS2019 令和元年を振り返る(4)鈴木道政スタート

2019年12月30日 10時00分
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(4)鈴木道政スタート

 4月23日、選挙戦を制して初登庁した鈴木直道知事は、就任会見の冒頭で「どんな困難も恐れることなく果敢に挑戦する」と決意を語った。第一歩を踏み出した若い知事に、北海道の将来を託した道民は、彼がどんな政治手腕を振るい、どんな未来を描くか注目していた。

関連キーワード: 北海道庁 重大NEWS2019

道建築局が公住神楽岡ニュータウンAの主体と設備を20年1月公告🔒

2019年12月12日 07時30分

 この記事は北海道建設新聞2019年12月11日付8面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: 上川 住宅 北海道庁 本紙見出し

五輪マラソン開催で赤れんが庁舎改修の工期延長へ

2019年11月25日 14時00分

 鈴木直道知事は22日の定例記者会見で、東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催されることを受け、大規模改修を予定する道庁赤れんが庁舎について、五輪期間中の足場や仮囲い設置を避けるため、工期を1年程度延長する方向で検討に入ったことを明らかにした。

関連キーワード: 北海道庁

道が政策評価委でBPアクセス道を了承

2019年11月11日 09時00分
道が政策評価委でBPアクセス道を了承

 道は7日、札幌市内のかでる2・7で北海道政策評価委員会(会長・鈴木美佐子北海学園大法学部教授)を開いた。公共事業事前評価の対象で、北海道日本ハムファイターズのボールパーク(BP)へのアクセス道路として計画する仮称・きたひろしま総合運動公園線を最終的に審議。公共性確保や自然環境を監視する協議会の設立を求めたほか、総合運動公園の整備に大きな変更が生じた場合は適宜、政策評価の対象にすることなど厳しい付帯意見を付けることで事業化を了承した。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,937)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,165)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,052)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,929)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,559)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。