「北海道庁 - Page 10」に関する記事

建設業が最長40時間27分 1週間の平均所定労働

2022年01月28日 18時42分

 道経済部がまとめた2021年度就業環境実態調査によると、建設業の1週間の平均所定労働時間は40時間27分と業種別で最長だった。週休2日制を実施する事業所は約74%で、運輸・郵便業と製造業に次いで3番目に低いが、年末年始など3日以上の連続休暇は92%と2番目に高かった。育児や介護に伴う休業制度は半数以上で整い、家庭と仕事の両立支援を進めるが、利用率は低い。こうした状況も背景にあって働き方改革の意識は高く、実施と検討中を合わせて約63%と全体平均を上回った。

関連キーワード: 北海道庁

工事5件を近く公告 小樽建管の泊共和線新設

2022年01月27日 16時40分

 小樽建管は泊共和線新設で、2022年度施工分の工事5件を近く公告する。一般土木4件は簡易型総合評価・施工実績審査型、電気1件は制限付き一般競争でそれぞれ入札する予定。概算工事費の合計は9億6000万円となっている。

関連キーワード: 北海道庁 後志 道路

道発注工事の21年労災 死亡4人含む53人に

2022年01月24日 18時46分

 道経済部は、道発注工事の2021年労災発生状況をまとめた。死亡災害4人、休業災害49人の計53人で、14年以来7年ぶりに50人以上となった。前年比では7人増加している。

関連キーワード: 北海道庁

二本松橋の上部架設を近く公告 クチョロ原野塘路線災復

2022年01月24日 16時45分

 釧路建管は、クチョロ原野塘路線災害復旧で架け換える二本松橋の上部架設を近く制限付き一般競争の簡易型総合評価方式で公告し、3月中旬に入札する見通しだ。概算工事費は2億4000万円。2022年度の供用開始を目指す。

関連キーワード: 北海道庁 橋梁 災害・防災 釧路

斜里川広域改修 22年度は掘削1770m、築堤3270mなど

2022年01月21日 17時10分

 網走建管は斜里川広域河川改修について、2022年度に掘削1770m、築堤3270m、樋門2基、調査設計などを要望している。22年度以降の残事業費に26億7200万円を見込む。進捗率は約84.4%となっている。

関連キーワード: オホーツク 北海道庁 河川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,038)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,993)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,137)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,731)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,527)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。