「 日高」に関する記事

コメリ、新ひだか町静内に出店🔒

2020年10月16日 12時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年10月10日付2面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でもご覧いただけます。詳しくはこちらのページへ。

関連キーワード: 店舗 新築 日高 本紙見出し

「浦河の町をつくる人を増やしたい」 建設関連有志が活動

2020年09月14日 15時00分
「浦河の町をつくる人を増やしたい」 建設関連有志が活動

 浦河町の家は自分たちが守る―。町内の建設関連業に従事する有志が集まり、「URAKAWAyamori」として活動している。地元での確かな経験と実績を持つ建設業者を一覧にまとめた冊子を作成したり、工作のワークショップを開催するなど、町民と業界の距離を縮める取り組みを展開。その先に見据えるのは、将来のなり手確保だ。

関連キーワード: 人材確保 日高

日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円

2020年07月17日 10時00分
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円

 北海道開発局は、札幌第1号同庁舎で15日開いた社会資本整備審議会道路分科会の北海道地方小委員会で、日高自動車道静内―三石間と旭川・紋別自動車道遠軽―上湧別間の整備案をそれぞれ3パターン提示した。静内―三石間は、最短の別線整備ルート(約20㌔)となった場合、最大1140億円の事業費を試算。遠軽―上湧別間は市街地を回避する別線整備ルート(約14㌔)の場合、最大300億円の事業費を見込んでいる。

関連キーワード: オホーツク 日高 道路

特産生かしたまちづくり 初当選の遠藤桂一平取町長に聞く

2020年07月14日 09時00分
特産生かしたまちづくり 初当選の遠藤桂一平取町長に聞く

 任期満了に伴う6月の平取町長選で初当選を果たした遠藤桂一町長。町職員時代には企画課員やまちづくり課長、副町長として長年町民と関わりながら町政に取り組んできた。アイヌ文化やびらとりトマトといった、地域の豊かな個性を生かした今後のまちづくりについて聞いた。

関連キーワード: アイヌ文化 インタビュー 日高 農業

特産の「びらとりトマト」で町おこし 平取町がトマトの里構想

2020年07月10日 15時00分

 平取町は、2019年度に策定したトマトの里構想に基づき、道の駅やトマト栽培の歴史展示・収穫体験施設の整備などを検討している。関連施設を集中管理し情報集積や商品開発を担う施設の建設も計画。こうしたハード面に加え、就農支援事業などソフト面の取り組みを進め、特産のびらとりトマトによる町おこしを目指す。

関連キーワード: 地域振興 日高 観光 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,080)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,419)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,399)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,256)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,248)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。