「 歴史的建造物」に関する記事

北広島市が旧島松駅逓所の耐震化を計画/22年度に基本計画🔒

2020年03月17日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年03月14日付10面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発

2020年03月15日 10時00分
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発

 完成からまもなく50年を迎える北海道百年記念塔[MAP↗]に、解体の足音が近づいている。道は2020年度当初予算案に、解体の実施設計費として1284万円を計上。夏ごろまでには発注し、早ければ21年度に着工するスケジュールを描く。一方、建築家有志で構成する「北海道百年記念塔の未来を考える会」は塔の建築物としての価値を重視し、取り壊しに固執する道への反発を強めている。先住民に配慮した塔名への変更や内部視察を要請し、解体方針の見直しを求める考えだ。

関連キーワード: さっぽろ圏 歴史的建造物

旧日本郵船小樽支店改修事業費を2.6億円増額 小樽市

2020年02月16日 10時00分

 小樽市は、重要文化財旧日本郵船小樽支店[MAP↗]大規模改修に設定していた継続費の年割り額と期間を変更する。総事業費は2億5880万円増の8億6346万8000円、事業期間は2年延長して2018―23年度とした。工期は変わらず36カ月。7月上旬に着工したい考えだ。

関連キーワード: 後志 歴史的建造物 耐震

岩内町が含翠園改修に20年度着工 家屋保存修復など検討

2020年02月07日 13時00分

 岩内町は2020年度、含翠園(がんすいえん)改修の実施設計と一部着工を計画している。19年度は基本計画策定をシビテックに依頼。書院造りの家屋(茶室)や日本庭園の復元に向けた聞き取り調査、観光資源としての活用方針の検討を進めていて、年度内に全体像をまとめる考えだ。

関連キーワード: 後志 歴史的建造物 観光

旧双葉幼稚園保存に尽力 北の聲アート賞で川村氏が奨励賞

2020年01月16日 12時00分
旧双葉幼稚園保存に尽力 北の聲アート賞で川村氏が奨励賞

 道内の文化・芸術に功績があった者をたたえる第8回北の聲アート賞で、帯広市内にある国指定の重要文化財・旧双葉幼稚園[MAP↗]の園舎保存に取り組む川村善規氏(オフィスK&K)が、奨励賞(アウラ賞)に輝いた。園舎改修に長く携わったことを契機に強まった保全への使命感。川村氏は「重要文化財は国、つまりみんなのもの。今の時代の私たちができることをちゃんとやることが大切」と話す。歴史を映す史料でもある貴重な古建築に思いをはせる。

関連キーワード: 十勝 建築 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,202)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,343)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,491)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,866)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (1,793)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。