「地域振興」に関する記事

東神楽大学がゲストハウスをオープン

2022年09月24日 10時00分
東神楽大学がゲストハウスをオープン

 アートやビジネスによる地域おこしに取り組む東神楽大学が、21日からゲストハウスをオープンさせた。教職員住宅を改修し、部屋ごとに貸し出し。クリエイターに滞在してもらい作品制作やワークショップなどを実施するクリエイターカレッジも始める。

関連キーワード: 上川 地域振興 宿泊施設

釧路市役所本庁舎を駅前に移転新築へ 市が方針

2022年09月08日 07時00分

 釧路市は、JR釧路駅周辺の鉄道高架化によって生まれ変わる都心部まちづくり計画の中核施設として、市役所本庁舎を移転新築する方針を固めた。本庁舎を中心とする公共公益施設や商業施設、バスターミナルなどを集約させ、独自に進める再開発の方向性を定めた格好だ。

鶴居村の空き家活用提案 まちづくり計画設計の松村氏

2022年09月01日 08時00分
鶴居村の空き家活用提案 まちづくり計画設計の松村氏

 2020年の国勢調査で、釧根管内で唯一、人口が増加した鶴居村。23日に村総合センターで開かれた景観セミナーで、まちづくり計画設計(本社・札幌)の松村博文取締役総括技師は、さらなる魅力向上につなげるために、空き家の有効活用をはじめ、若年層向けの住まいの確保が必要と提案した。

関連キーワード: 不動産 地域振興 釧路

道の駅の効果はっきりと 士別市の21年度観光客数倍増

2022年08月20日 10時00分
道の駅の効果はっきりと 士別市の21年度観光客数倍増

 道の駅「羊のまち 侍・しべつ」が開業して1年が経過した。国道40号沿いの中心地に新たな集客施設が誕生したことで、観光客や休憩に来た人が立ち寄り、士別市の2021年度観光入り込み客数は20年度に比べ倍増した。市は波及効果をさらに広げるため、国道沿いの商店街へ観光客を誘う施策を検討している。

関連キーワード: 上川 地域振興 道の駅

旭大公立化 まちづくりの行方(下)分校舎設置案が急浮上

2022年07月29日 10時00分
旭大公立化 まちづくりの行方(下)分校舎設置案が急浮上

 旭川大学公立化を2023年4月に控え、市内の不動産業者が反応している。学生向けの需要を見込んだ動きや、注目が集まる25年に開設される分校舎について紹介する。2025年に開設する仮称・地域創造デザイン学部を巡り、急浮上した中心市街地への分校舎設置案。空洞化する商店街の活性化を期待する声がある一方、学習環境の確保が困難という課題も挙がる。新学部のカリキュラム策定と合わせ、市は設置場所の検討を急いでいる。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,467)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,104)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,546)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,299)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,079)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。