「安全衛生 - Page 7」に関する記事

新型肺炎対策で受注者に拡大防止を要請 道建設部

2020年02月26日 14時00分
新型肺炎対策で受注者に拡大防止を要請 道建設部

 道内で新型コロナウイルスによる肺炎が急速に拡大していることを受けて、道や札幌市などが対策を強化している。建設工事や業務について、道建設部は25日、拡大防止に向けた文書を各建管と受注者に発出した。受注者に対しては、関係者に感染が確認された場合は速やかに発注者に報告し、必要な措置を取るよう求めた。札幌市や北海道開発局も対応策を検討している。行政が主催、参加する会合や行事も中止、延期の決定が相次いでいる。

関連キーワード: 安全衛生 新型コロナ

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄

2020年02月06日 09時00分
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄

 新型コロナウイルス感染症に端を発したマスクの欠品騒動が建設業界にも波紋を広げつつある。一般用マスクの購入機会を逃した客が、ホームセンターや作業用品店などに商品を買い求め、建築・解体の現場で使う簡易防じんマスクが品薄になっている。トンネルなど大規模工事の現場は事務所単位で備品を購入するため、今のところ影響は軽微と見られる。しかし、先々の動向に一抹の不安を抱える会社も少なくない。

関連キーワード: 安全衛生 新型コロナ

小樽労基署倶知安支署が中山組に無災害表彰を伝達

2019年09月25日 05時00分
小樽労基署倶知安支署が中山組に無災害表彰を伝達

 小樽労基署倶知安支署は20日、建設業無災害表彰伝達式を開き、倶知安町山田のホテル「Maples新築」を施工した中山組の堀田貴志所長に、金曽恵一支署長が表彰状を手渡した。

関連キーワード: ニセコ_山田1 リゾート 安全衛生

快適トイレ「ウォレットTC」導入広がる 自治体も関心

2019年08月07日 15時00分
快適トイレ「ウォレットTC」導入広がる 自治体も関心

 ウォレットジャパン(本社・札幌)の移動式トイレユニット「ウォレットTC」が、公共施設やイベントスペースで広く導入されている。洋式の水洗トイレをコンテナ型にユニット化した仕様で、清潔と快適へのこだわりが特徴。トイレの美観を気にする女性を中心に高く支持されていて、最近は災害時の使用などを視野に自治体も関心を集めるようになってきた。

関連キーワード: 安全衛生

ソーラーシステムハウスや冷シャン 熱中症対策に各社工夫

2019年08月06日 12時00分
ソーラーシステムハウスや冷シャン 熱中症対策に各社工夫

 暑い日が続く道内。上川や空知地方でも連日30度前後の高温が続いている。そこで気になるのが現場での暑さ対策―。各社ではどのような取り組みをしているのだろうか。

関連キーワード: 上川 安全衛生 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ラピダス次世代半導体工場で起工式 
2023年09月01日 (2,482)
東日本高速道支社が道東道4車線化で2トンネルに着工...
2023年08月28日 (1,689)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,468)
ラピダス工場着工 道内で歓迎の声
2023年09月01日 (1,463)
7月1日時点道内基準地価/ラピダスで千歳の地価上昇...
2023年09月19日 (1,433)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。