「国交省」に関する記事

北海道の魅力発信 開発局がオフィスキューと連携協定

2022年04月21日 09時00分
北海道の魅力発信 開発局がオフィスキューと連携協定

 北海道開発局とクリエイティブオフィスキュー(本社・札幌)は19日、本道の魅力発信に向けた包括連携協定を締結した。締結式は札幌市内の同社ビルで開催。橋本幸開発局長と伊藤亜由美社長が出席して協定書にサインを交わした。同社は、開発局が6月ごろに主催する「2050年の北海道の姿を考える懇談会」に参加予定。エンターテインメント事業者ならではの着想で、議論に厚みが出ると期待されている。

関連キーワード: 国交省

238号枝幸町北見幌別川で幌別橋架け換え着工へ 稚内開建

2022年04月18日 17時30分

 稚内開建は2022年度、枝幸町にある北見幌別川で国道238号幌別橋架け換えに着工する。新橋は内陸側に橋長281・4m、全幅員10・2mで新設。上部は4経間連続鋼細箱桁、下部は逆T式橋台2基、橋脚3基を備える。22年度は2億5500万円を投じてP2橋脚1基と切り替え道路改良、施工計画検討を実施。橋脚、切り替え道路ともに第2四半期(7―9月)の発注を予定している。

関連キーワード: 国交省 宗谷 橋梁

国営・機能保全てしおがわ地域 23年度にも整備構想策定

2022年04月15日 17時34分

 旭川開建は、上川管内北部を対象に2021年度から地域整備方向検討調査に着手した国営施設機能保全「てしおがわ地域」について、23年度にも整備構想をまとめる考えだ。22年度は、営農形態や農作物の収穫量の推移から水需要の変化を調査し、ダムや頭首工など水利施設再編の必要性を分析。地域の実情に合った水利施設の統廃合を検討する。

関連キーワード: ダム 上川 国交省

232号小平防災、本格着工 22年度は法面掘削など

2022年04月01日 16時25分

 留萌開建は2022年度、小平町の国道232号小平防災に本格着工する。土砂災害を防ぐため路線をかさ上げする。起点の大椴側から法面掘削に入り、本年度は2万7460m³の土量を見込む。土捨場造成も並行して進める。工事は掘削と土捨場の2件で公告し、どちらも第2四半期(7―9月)に入札する予定だ。

関連キーワード: 国交省 土木 災害 留萌

次世代への過渡期 2022年度北海道開発事業費(下)

2022年03月23日 13時00分
次世代への過渡期 2022年度北海道開発事業費(下)

 新年度開発予算が成立するまでの流れを見詰め直し、これからの建設業者に求められる要素を抽出する。
菅義偉前首相が2020年10月の所信表明演説で「カーボンニュートラル2050」達成に言及したことにより、22年度予算の概算要求基準に新たな流れが生まれた。各省庁で用途を決められる裁量的経費を1割削減するように求め、削減した額の3倍まで要求可能な特別枠を設定。「新たな成長推進枠」として予算要求を認めることにした。

関連キーワード: 予算 国交省 次世代への過渡期

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (14,064)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (7,479)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,951)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,520)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,183)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。