「 国交省」に関する記事

232号小平防災で切り土6カ所程度を構想 留萌開建

2021年01月25日 15時00分
232号小平防災で切り土6カ所程度を構想 留萌開建

 留萌開建は、2020年度に事業化した小平町の232号小平防災で6カ所程度の切り土を構想している。現在は、道路と法面の予備設計を進めていて、21年度以降に用地買収・補償・測量や道路詳細設計、着工を計画している。

関連キーワード: 国交省 留萌 道路

白老橋を直轄診断 開発局などが道路メンテ技術集団派遣

2021年01月21日 15時00分
白老橋を直轄診断 開発局などが道路メンテ技術集団派遣

 北海道開発局と国土技術政策総合研究所、土木研究所は26日に「道路メンテナンス技術集団」を組織して白老町に派遣し、老朽劣化した町道白老橋の直轄診断を実施する。損傷の度合いが激しく補修工法を検討するのに高い技術力を要する場合など、道路管理者に代わって点検と技術的助言を行う制度で、道内では初の取り組みとなる。

関連キーワード: 国交省 橋梁 胆振

職員のワークライフバランス実現を支援 開発局が情報共有

2020年12月04日 10時00分
職員のワークライフバランス実現を支援 開発局が情報共有

 北海道開発局は、職員が望むワークライフバランスの実現を目指し、組織内のポータルサイトでさまざまな働き方を情報共有している。男女ともに育児休業を積極的に取得し、男性職員は11月末現在で11人の体験談を掲載。実体験情報を蓄積し、キャリア形成や育休取得の不安払拭(ふっしょく)に役立てている。(帯広支社・阿部 みほ記者)

関連キーワード: 働き方改革 国交省

20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路

2020年11月21日 10時00分
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路

 函館開建は12日、2020年度内の開通を目指し急ピッチで進められている函館新外環状道路空港道路の施工現場を報道機関向けに公開した。事業に対する理解を深めてもらうほか、報道を通じた市民への周知などを図るのが目的で、整備効果や技術面などの疑問に答えた。

関連キーワード: 国交省 渡島 道路

コロナ禍での妻の出産契機 帯広開建の課長が育休取得

2020年11月13日 15時00分
コロナ禍での妻の出産契機 帯広開建の課長が育休取得

 帯広開建で、課長を務める男性職員が育児休暇を取った。各地へ転勤する仕事柄、土地勘のない地域での出産が不安だった妻を思って取得を決めた。新型コロナウイルス対策のテレワークも生かし、妻と二人三脚で育児に奮闘している。

関連キーワード: 働き方改革 十勝 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。