「 物流」に関する記事

丸全北海道運輸が今後5カ年で苫小牧市内に倉庫2棟建設を計画🔒

2019年10月24日 09時00分

 この記事は北海道建設新聞2019年10月24日付2面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: 本紙見出し 物流 胆振

イオン北海道が石狩湾新港に大型物流施設/設計施工は西松建設🔒

2019年10月11日 14時07分

 この記事は北海道建設新聞2019年10月11日付2面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: さっぽろ圏 本紙見出し 物流

デリカフーズ 札幌地区に直営工場など新設を検討

2019年09月03日 07時00分

 デリカフーズ(東京都足立区六町4丁目12の12、小林憲司社長)は、札幌地区で直営のカット野菜工場や物流センターなどの新設を検討している。時期などは未定。主力のカット野菜や真空加熱野菜の需要増加を背景に、新たな拠点を設ける考えだ。

関連キーワード: さっぽろ圏 物流

「朝どれ昼売り」初出荷 地方創生へ物流体系構築

2019年08月22日 18時00分
「朝どれ昼売り」初出荷 地方創生へ物流体系構築

 日本航空(JAL)と農業総合研究所(農総研)は21日、究極の輸送スピードへの挑戦と題し、初の試みとなる「朝どれ昼売り」に取り組んだ。同日早朝に収穫したトウモロコシを新千歳午前8時発の便で羽田へ空輸し、新鮮な味覚を消費者に提供。収穫した日の昼に首都圏で販売することを可能にした。新たな輸送サービスを通して空港を中心にした地方創生を推進する。

関連キーワード: 物流

日幸産業運輸 石狩第二物流センターに着工

2019年08月05日 07時00分

 食品輸送の日幸産業運輸(石狩市新港西2丁目780の2、朝井清美男社長)は、仮称・石狩第二物流センター新築の設計施工をピーエス三菱に依頼し、着工した。既存施設の稼働率が限界に近いため、省人化をテーマとした新たな3温度物流センターを設ける。稼働は2020年3月ごろの見通しだ。

関連キーワード: 建築 後志 物流

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,956)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,660)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,061)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,683)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,460)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。