「 物流」に関する記事

札幌圏に大型物流施設 イオン北海道とマックスバリュ

2019年04月11日 07時00分

 イオン北海道とマックスバリュ北海道は、食品製造センターと低温物流センターを併設した大型物流施設を札幌圏に新設する。両社が合併する2020年3月以降の稼働を予定。これまで店舗数に対して物流機能に余裕がなく、新規出店の妨げになっていた。大型物流施設の開設で出店を加速する考えだ。

関連キーワード: さっぽろ圏 物流

女性、高齢者向けトラックの在り方を提案 全ト協と国交省

2019年04月08日 15時00分

 全日本トラック協会と国土交通省は、女性や高齢のドライバーが運転しやすいトラックの在り方をまとめた。女性をはじめとする多様な人材の確保と、ドライバーが高齢化しても働きやすい環境を整備するのが目的。メーター類を大型化したり、死角になりやすい後部下方をカバーする2面鏡式ミラーの採用などを提案している。

関連キーワード: 商用車 物流

マルチテナント型物流施設 札幌市内で新設相次ぐ

2019年04月07日 09時00分
マルチテナント型物流施設 札幌市内で新設相次ぐ

 札幌市内でマルチテナント型物流施設の新設が相次いでいる。2018年に東区で大和ハウス工業(本社・大阪)、ことしに入り不動産サービス大手のCBRE(本社・東京)が清田区でそれぞれ建設。JR貨物(同)は、白石区のターミナル駅構内敷地で構想している。道内で賃貸の物流施設は少ないが、インターネット通販など電子商取引(eコマース)の拡大や、既存倉庫の老朽化などで今後、需要の高まりが見込まれる。

関連キーワード: さっぽろ圏 物流

19年内にコンテナヤードを拡張 釧路港西港区第3埠頭

2019年02月26日 15時00分

 釧路市は、釧路港西港区第3埠頭(ふとう)のコンテナヤード拡張を、3月にも公告する。同埠頭でのコンテナ取扱量増加を踏まえて拡張するもので、年内完成、年明けの供用を目指す。

関連キーワード: 港湾 物流 道東

コープさっぽろ 札幌・西岡に配送センター新築

2019年02月26日 07時00分
コープさっぽろ 札幌・西岡に配送センター新築

 生活協同組合コープさっぽろ(札幌市西区発寒11条5丁目10の1、大見英明理事長)は、札幌・西岡に宅配システムトドックの配送センター新築を計画している。開発行為の許可が下り次第、3月から敷地造成を進め、夏にも本体に着工する見通しだ。

関連キーワード: さっぽろ圏 物流

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。