「トンネル - Page 3」に関する記事

山側トンネル案が最有力 229号乙部町館浦地区斜面

2021年12月15日 09時00分
山側トンネル案が最有力 229号乙部町館浦地区斜面

 北海道開発局は、13日に開いた国道229号乙部町館浦地区斜面対策技術検討会(座長・蟹江俊仁北大大学院工学研究院教授)で、恒久対策5案を提示した。現道を活用する切り土案、ロックシェッド案と、別線ルートとなる山側トンネル案、山側土工案、海側案の各案。検討会では事業期間、事業費、地域景観などの点から、別線ルートの山側トンネル案が有力との意見で一致した。同案の事業期間は約7―10年、事業費は約140億―190億円を試算している。

関連キーワード: トンネル 桧山 災害・防災 道路

清瀬トンネル1957m構想 274号日高町清瀬防災

2021年08月25日 10時00分

 室蘭開建は274号清瀬防災の2022年度着工を目指している。同年度から用地買収に入る見通しで、完了箇所から改良などの土工に取り掛かりたい意向だ。事業区間の大部分を占める仮称・清瀬トンネルは延長1957m、幅員9m、内空断面57m²で計画。トンネルの早期着工に向けても準備を進める。

関連キーワード: トンネル 国交省

手稲山口を掘削土受け入れ地に 生野新幹線推進室長が意向

2021年04月27日 14時00分

 札幌市まちづくり政策局の生野祐光新幹線推進室長は26日、北海道新幹線トンネル掘削土の受け入れに関し、手稲山口地区を「受け入れ地として事業を進めたい」との意向を示した。同日開かれた市議会総合交通政策調査特別委員会で明らかにした。候補地である山口処理場は環境局所管の市有地。土地の所管換えなどに伴う予算確保を今後検討する。

5号塩谷防災で新ルート1.5kmが開通

2021年03月24日 10時00分
5号塩谷防災で新ルート1.5kmが開通

 小樽開建が5号塩谷防災で整備を進めてきた1・5㌔区間が20日午後3時に開通した。これに先立ち、新ルートに設けた塩谷トンネル余市町側坑口付近で開通式が開かれ、関係者ら約40人が無事開通を祝うとともに、より安全で安心な通行の確保に期待を寄せた。

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想

2021年01月13日 10時00分
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想

 各所で検討が進む第2青函トンネルに関連し、日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)は、津軽海峡トンネルと命名した新たなプロジェクトを構想している。昨年公表した計画によると、延長は31㌔で、工期に15カ年、概算事業費に7200億円を見込む。自動車で函館―青森間を2時間半で結び、経済効果は年間878億円を試算するなど、日本経済に大きなインパクトを与える構想だ。また、トンネルは松前半島道路と津軽半島を接続する想定のため、事業化すれば高規格幹線道路整備の進展も期待できる。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,038)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,993)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,137)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,731)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,527)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。