「景観 - Page 4」に関する記事

グランプリはタナカコンサルの沢田さん 北測協フォトコン

2022年01月22日 10時00分
グランプリはタナカコンサルの沢田さん 北測協フォトコン

 北海道測量設計業協会は、測量設計業界で働く人をテーマにした「フォトコンテスト2021」の受賞作品を発表した。グランプリにはタナカコンサルタント(本社・苫小牧)の沢田元輝さんが撮影した「道の裏側」が選ばれた。トラス橋での橋梁点検の一場面を写し、足がすくむほどの高さで安全な交通網を確保するために働く作業員の姿を切り取った。

関連キーワード: 景観

2路線を一部無電柱化 八雲の新八雲停線、花浦内浦線

2022年01月20日 16時30分
2路線を一部無電柱化 八雲の新八雲停線、花浦内浦線

 函館建管は、八雲町内の仮称・新八雲停線と花浦内浦線の一部区間で無電柱化を計画している。新八雲停線は2022年度に詳細設計し、早ければ23年度の着工、花浦内浦線は22年度に調査設計に取り掛かり、最短で24年度の着工を見込む。

関連キーワード: 景観 道路

帯広市内の弥生通1.6km無電柱化へ 帯広建管

2022年01月19日 16時45分
帯広市内の弥生通1.6km無電柱化へ 帯広建管

 帯広建管は、帯広市内の弥生通(道道幕別帯広芽室線)で無電柱化を計画している。区間は国道236号と交差する大通南28丁目から西12条南28丁目までの1.6kmの両側歩道。整備費は未定だが、2025年度までの着工を目指して調査を進める予定だ。

関連キーワード: 北海道庁 十勝 景観 道路

上厚真苫小牧線登別停線無電柱化へ 22年度調査着手要望

2022年01月18日 16時30分
上厚真苫小牧線登別停線無電柱化へ 22年度調査着手要望

 室蘭建管は上厚真苫小牧線と登別停線の無電柱化に向け、2022年度の調査着手を要望している。上厚真苫小牧線は終点側の苫小牧市元中野地区などで1200m、登別停線はJR登別駅前広場から国道36号交点までの270mを計画。ともに災害時の重要路線として強靱化を図るのが目的だ。電線管理者などとの協議を経て、25年度までに着工する。

関連キーワード: 景観 胆振 道路

増毛港線770mを無電柱化 留萌建管23年度着工へ

2022年01月13日 10時00分
増毛港線770mを無電柱化 留萌建管23年度着工へ

 留萌建管は、増毛町市街地で取り組む道道増毛港線の無電柱化について、2023年度の着工を目指している。延長は770mを見込み、2期に分けて整備する計画で、23年度は470mを予定する。22年度は整備道路の指定手続きなどに着手する考えだ。

関連キーワード: 北海道庁 景観 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。