「資材 - Page 5」に関する記事

道の公共建築木造率が16%に下降 林野庁が試算

2022年04月05日 08時00分
道の公共建築木造率が16%に下降 林野庁が試算

 林野庁は2020年度の公共建築物の木造率に関する試算結果を公表した。20年度着工の全国公共建築物木造率は、前年度より0.1ポイント上昇し13.9%となった。一方、北海道は16%と平均を上回ったものの、前年度より2.2ポイント下降。うち3階以下の低層公共建築物では30.7%となり、こちらも前年度を3.4%下回る結果となっている。広大な森林資源を生かし、道産材が広く出回る仕組みづくりが普及の後押しとなりそうだ。

関連キーワード: 建築 資材

道産材をPR 道庁本庁舎ロビーが木質化リニューアル

2022年03月30日 09時00分
道産材をPR 道庁本庁舎ロビーが木質化リニューアル

 道庁本庁舎ロビーを、木の香り広がる空間にリニューアルした。カラマツやトドマツなど道産木材を加工したベンチやテーブルを設置。新型コロナウイルス感染症の影響で世界的に木材価格の上昇が続く「ウッドショック」を背景に、外材からの代替として道産木材の需要が高まっている。ロビーの木質化で道産木材のPRを図り、利用拡大につなげる。

関連キーワード: 資材

過去最低の301万m³を想定 22年度道内生コン需要

2022年03月29日 09時00分

 北海道生コンクリート工業組合は、2022年度の道内生コン需要量を301万7000m³と想定する。統計を取り始めてから過去最低の水準。全道29地域のうち19地域が前年度より下回ると考え、横ばいと増加を予想するのはそれぞれ5地域だった。最大市場の札幌は前年度より5%少ない97万5000m³をみている。

関連キーワード: 資材

ウクライナ侵攻受け木材コスト増要因続々

2022年03月28日 07時00分
ウクライナ侵攻受け木材コスト増要因続々

 ロシア軍によるウクライナ侵攻が始まって1カ月が過ぎた。日本を含む西側各国からの強い経済制裁と、これに反発する対抗措置の応酬で、世界経済の混乱が続く。エネルギーを筆頭にさまざまな分野で価格上昇が見られる中、建築に深く関わる木材でもコスト増要因が次々と浮上している。

関連キーワード: 海外市場 資材

生コン工場共同操業へ 紋別・滝上地区で出荷集約

2022年03月02日 16時45分
生コン工場共同操業へ 紋別・滝上地区で出荷集約

 協和土木工業エムケー生コン(本社・紋別)とはまなす生コンクリート工業(同)が共同操業する、はまなす・エムケー生コンの工場と旭ダンケ(本社・旭川)紋別工場は、4月1日から旭ダンケ紋別工場で共同操業を開始する。これにより、紋別・滝上地区での生コンクリート出荷は1プラントに集約される。

関連キーワード: オホーツク 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,520)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,316)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,544)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,106)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,726)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。