「不動産」に関する記事

稚内市内で住宅新築が激減 建設費高騰、購買力低下

2024年02月01日 16時11分

 稚内市内で戸建て、共同住宅の新築が激減している。これまで年平均90戸で推移していたが、2022、23年は2年連続で50戸を下回った。特に戸建て住宅は建設費の上昇に伴う高価格化で購買力が低下。賃貸共同住宅も近年は着工実績が乏しく、今後も建設される見通しが立たない。一方で戸建て、共同住宅ともに中古物件を買う動きが強まっているが、価格上昇が続いていて予断を許さない状況にある。

関連キーワード: 不動産 宗谷 建築

室蘭「ゆめみの星宮の森」の宅地造成商談が好調

2023年07月10日 08時00分
室蘭「ゆめみの星宮の森」の宅地造成商談が好調

 室蘭市宮の森町の宅地造成地区「ゆめみの星 宮の森」の商談が好調だ。1区画当たり200―300m²で900万円前後、建物を合わせると4000万円程度の価格設定だが、高所得層を中心に順調な滑り出しを見せる。流通は売買ともに活況だが、相続で不動産を手放して室蘭を離れる人も増加中だ。

関連キーワード: 不動産 住宅 胆振

深掘り ノースファインプランニング 高沼彰寛社長

2023年06月30日 10時00分
深掘り ノースファインプランニング 高沼彰寛社長

 ノースファインプランニング(本社・札幌)は、札幌を中心に年間700―1000戸の賃貸マンションを供給している。事業エリアを広げる中、2020年度開設の旭川支店では売り上げを伸ばすため、木造中心から旭川駅周辺でのRC造に狙いを定め、22年度は10棟の受注を実現した。6月に2代目の社長に就いた高沼彰寛氏(41)に同社の強みや展望を聞いた。

関連キーワード: インタビュー 不動産 深掘り

深掘り 日動 前川大輔社長

2023年06月15日 12時00分
深掘り 日動 前川大輔社長

 分譲マンションやホテルなど幅広い事業を展開する日動(本社・札幌)は、資材高騰下でも経営効率化に取り組みながらリーズナブルな価格帯でマンションを販売し、成約を伸ばしている。千歳市内ではラピダス進出を契機とする住宅や宿泊需要、観光の回復を見越してホテルか賃貸マンションの開発を検討。将来的に道内地方都市でも長期滞在型の宿泊施設を視野に入れる。前川大輔社長に事業展望を聞いた。

富良野市役所周辺の未利用不動産 市が売却や賃貸検討

2023年05月26日 16時37分
富良野市役所周辺の未利用不動産 市が売却や賃貸検討

 富良野市は、役所周辺の未利用不動産(予定含む)について、売却や賃貸を検討している。旧中央保育所や、こども通園センター、来庁者駐車場が候補。民間需要を把握した上で個別に計画を立てる。

関連キーワード: 上川 不動産 土地売却

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,740)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,488)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,157)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,069)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。