真砂徳子の起ーパーソン-明日をひらく人々

 道内民放局などで活躍するフリーアナウンサー真砂徳子さんが、本紙のインタビュアーとなって「真砂徳子の起ーパーソン 明日をひらく人々」を掲載しています。

 経済の疲弊にあえぐ北海道で、自ら行動を起こし、豊かさや夢の創造に奮闘する「起ーパーソン(キーパーソン)」を紹介することで、地域や企業の未来を模索する読者にエールを送る企画です。

目次
インタビュアー紹介
真砂徳子さん

 埼玉県出身の真砂さんは、明大文学部卒業後、新潟テレビ21のアナウンサーを経て、拓銀破たんがあった1997年に、北海道に移住して来ました。以来、ニュース、バラエティーなど主にテレビ番組を通じて、本道とのかかわりを深めてきました。

 来道当初、「自然、人、食…すべてが輝いて見えるのに、聞こえてくるのは北海道は元気がない、という声ばかり」だったという真砂さん。

 そうした現状が今も変わらないといい、「ゼロを1にする気概のある人の言葉、行動を通して、北海道の底力を伝えたい。魅力をあらためて見つめてみたい。私の活動の原点を心で感じたい」と取材を行っています。

「多くの方がたくさんの言霊(ことだま)を、頭ではなく、心で感じ、明日へのアクションにつながれば」という真砂さんの思いを受け取っていただければ幸甚です。

真砂徳子のブログ「のりのりで行こう。」

@masagonoriko

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。